チョコで倉敷美観地区のジオラマを作る!その1 3Dモデルを作ろう

bikan_histrical_blender14
標準

どーも(^o^)/岡本です。

以前、チョコレートでパンのあれ(バッグクロージャー)を作ったり、

IMGP5590

チョコレートで料理ミニチュアを作ったりした所、大変好評を頂きました。

そこで、今回の企画では、ちょっと大きいものを作ろうと思います。

64607

倉敷美観地区を、チョコレートで作りたいと思います。

チョコレートで作るジオラマですね。

 

3Dモデルを作ろう

まずは、チョコレートの型を削りだす為の3Dモデルを作ります。

64593

最初に↑この倉敷考古館の建物を3Dで作ります。

bikan_histrical_blender1

異常にシンプルですが、後で細かいディティールは追加します。とりあえずこれで。

bikan_histrical_blender2

倉敷考古館を地面に乗せます。

bikan_histrical_blender3

埋め立て工事を行って、地面を拡張していきます。

bikan_histrical_blender4

川舟を浮かべ、対岸を追加します。

64595

豆菓子専門店「豆吉本舗」様(写真中央)を追加します。

bikan_histrical_blender5

を架け、倉敷考古館も少し伸ばします。

bikan_histrical_blender6

更に土地を広げていき、川に下りる階段を加えます。

bikan_histrical_blender7

豆吉本舗様に細かいディティールを追加していきます。

bikan_histrical_blender8

とりあえず一旦ここまで。

チョコレートにした時の強度や、どう色分けするか、どの方向からチョコレートを抜くかを考えながら作っていきます。

bikan_histrical_blender9

塀の上の瓦を作ります。

bikan_histrical_blender10

最初に作った倉敷考古館に細かなディティールを加えていきます。

まずは入口を加えます。

bikan_histrical_blender11

庇や窓を加えます。

bikan_histrical_blender12

次に、なまこ壁を作ります。

なまこ壁とは、平らな瓦を並べ、隙間に漆喰を盛り付けた壁の事で、倉敷美観地区の象徴です。

bikan_histrical_blender13

コピー&ペーストでなまこ壁を貼り付けてます。

貼り付けていくと、他のパーツとの接続部分にポリゴンの隙間や重なりが生じます。

これらは放置すると後の機械加工の工程で都合が悪いので、辻褄を合わせる作業を行います。

この辻褄を合わせる作業が、地味で滅茶苦茶時間が掛かる上に、見た目はほとんど進まないため、心が折れそうになります。

bikan_histrical_blender14

倉敷考古館(前面)が完成しました。

やばい。もう心が折れそう。

bikan_histrical_blender15

倉敷考古館のなまこ壁を流用する形で、豆吉本舗のなまこ壁も作ります。

しかし、倉敷考古館のなまこ壁はほとんどが水平に並んでいるのに対し、豆吉本舗は大半が斜め45度になっていて、あまり流用できません。

めんどくさいですね。

bikan_histrical_blender16

だいぶん出来上がってきましたが、まだまだ先は長いです。

つづく?(気力が)

(追記)

チョコで倉敷美観地区のジオラマを作る!その2 色々な実験をするへ続きます。

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です