個人がAlibaba.comで電子部品をオーダーメイドした話1

標準

 

恐れていたことが起こった。

 

これは僕が手作りしているオリジナル同人ハードウェアの「Hicarix Badge」である。(どういうものかはリンク先を見てね)

 

製作記事がTwitterのトレンド入りして話題となり、まあまあ好評なのだが、最も肝心の「マトリックスLED」というパーツが製造中止となってしまった。

 

まだ確定ではないが、製造メーカーのウェブサイトでは商品ラインナップからは姿を消し、「入手可能か」と英語で問合せてみるともう材料がないから作れないという旨の連絡が来た。(もしかすると面倒臭がられてあしらわれた可能性もあるけど)

ちなみに日本の小売店ではまだ在庫があり、購入可能、今後も継続して入庫予定となっていたが、こちらの情報が正しければ、無くなるのは時間の問題である。

 

同人ハードウェアが好評なのにパーツが入手出来ないとは痛恨の極みだ。

もちろん、この様な憂き目に遭わないよう設計時に細心の注意を払っていた。なるべくポピュラーなパーツや、万一製造中止になってしまった場合でも代替が利き易いパーツを選んでいたはずだった。

 

しかし今回のマトリックスLEDだけは、代替パーツは存在しなかったし、あらゆる可能性を検討したがお手上げであった。

 

世界中のウェブサイトを巡って、代替が出来るパーツが無いかも探しまくったが見つからない。

そんな中、多数の商品ラインナップを揃えている中国のAlibaba.comへ行き着いたのである。

 

ちなみにAlibaba.comにも僕が必要な仕様のパーツは存在せず、最終的にはオーダーメイドをしてもらった形だ。

という事で、今回は、個人で、エージェントにも頼らず、Alibaba.comを通じて中国のメーカーとやりとりしながら必要なパーツを手に入れるまでの記録だ。検索しても前例がヒットしなかったので記録しておこうと思ったのだ。

 

今回初めて1回のオーダーをしただけなので色々と思い違いをしているかもしれない。広い心で見て欲しい。

 

そして今回僕が作ってもらったパーツはこちら↓

寸法なども完璧だ。

今回のオーダーメイドで掛かったお金は今のところ10数万円くらい。相当安い。たぶん数百個単位で必要ならば、日本の小売から入手するよりかなり安くなると思う。

それにAlibaba.comのシステムは本当に神サービスだった。

 

なお、僕は個人輸入とかもほとんどしたことが無いので、時々出てくる輸出入の専門用語や商習慣の違いがちょっと難しかった。

 

同じ阿里巴巴が運営しているAliExpressは「企業、個人向けのネット通販サイト」で、Alibaba.comは主に「企業同士の商談仲介サイト」という感じだ。(でも僕が使えたので個人でも大丈夫だと思う)

AliExpressに比べ、Alibaba.comには「最小発注数」があって、比較的大口な取引となる。そのぶんたくさん買えば1個当りの値段は抑えられると思う。相見積り機能やラインナップにない商品も注文できる。

 

あと日本だと個人お断りという所も多いが、中国では個人でもウェルカムだ。

 

おっと!もうこんな時間なので続きは後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です