おかやまハンドメイドフェスタ2016レポート

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回は「おかやまハンドメイドフェスタ2016」へ行ってきましたのでそのレポートです。

先日出展させていただいた、東京ビッグサイトのデザフェスが凄く楽しくて、友人に「楽しかった」と言ったら、友人から、岡山にも「おかやまハンドメイドフェスタ2016」というイベントがあるらしいよと教えてもらいました。

僕はもはやハンドメイドには目が無いので、去る11月18日(金)に行ってきました。
会場はコンベックス岡山(※岡山で一番有名なイベント会場)です。

 

dsc_4735

この日は平日で、開始直後だったにも関わらず、駐車場はほぼ満車でした。

最寄りの中庄(なかしょう)駅から無料のシャトルバスが出ているらしいのでそっちを利用したほうが安心かと思います。

dsc_4737

車を止めて会場へ向かうと、人々がぞろぞろと集まります。

dsc_4739

入口はこんな感じで、長蛇の列です。

 

dsc_4740

チケットを手に列に並んで入場を待ちます。

前売り券は700円で、当日券は1000円だそうです。

僕はローソンのLステーションで前売り券を買っていました。

否が応でも、期待が高まります。

 

dsc_4742

そして開場となり、満を持して、会場へ入ります。

 

入場するとすぐに、

dsc_4743

…自動車が置いてあります!(何でやねん!

 

このイベントは初めてなのでよく分かっていませんが、これが普通なんですかね?思わず突っ込んでしまいました。

ハンドメイドの対義語として「大量生産品」という言葉がありますが、

大量生産品の代表格である自動車を入って早々にブッ込んで、

「ハンドメイドとは何か?」

という哲学的な問いを、最初に来場者に問いかけます。

まぁ、とても広い意味でのハンドメイド…手で作っている工程もあるでしょう。

そしてこの自動車だけじゃなく、奥にも岩盤浴とか旅行代理店とか、「ハンドメイド」という言葉に新たな解釈を加えようとする意欲的な出展が2割くらいありました。

枠にとらわれない前衛的かつ野心的なイベントなのだと思います。
dsc_4761

そして、会場は凄い人です。

dsc_4744

女性のほうが圧倒的に多く、

平日だからかもしれませんが、年齢層はかなり高めです。

dsc_4748

キルトや服などの繊維、布系が多くて、感覚的には半分以上占めていたと思います。
(キルトの展示は撮影禁止ってなっていたので写真はありません。)

岡山県は繊維産業が盛んらしいので、関係あるかも知れませんね。

dsc_4751

そして1つ1つのブースがとても広く、出展者はスペース的にも厳選の上に厳選を重ねた『選ばれし者』が出展しています。

そのため、凄くちゃんとしています。クレジットカードが使えるブースが多くあったのが印象的で、プロかほぼプロに近い人なのかなと思いました。

dsc_4757

ここでは箸を売っていました。

僕はこういう雑貨のような物の方が見ていて楽しかったです。

dsc_4756

こちらは、ボタンが凄く綺麗だったのでお願いして写真を撮影させて頂きました。

dsc_4745

参加型の展示も。

 

dsc_4758

奥に設置された屋台で食べ物も売っていましたし、

ステージではステージイベントなどもあったのですが、僕は時間の都合で見られませんでした。

会場のうち、6割が布系、2割が新解釈(無関係)系、1割が食べ物系、残り1割がその他の雑貨って感じでしょうか。

僕は一時間くらいで概ね見終えましたが、多分二時間もあれば、かなり見て回れると思います。

一度出ると再入場は出来ないみたいなので、忘れ物には注意が必要ですね。

 

今回はこんな所です。

僕はこの後、香川へ向かいました。その模様はまた報告します。

では(^_^)/~

 

———–

乙幡啓子さんの展示を見に香川のTOYTOYTOYさんへ行った話へ続く


オカモトラボ

自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です