岡山のカメラマン、クアトロフォトデザインさんにモデルさんの撮影をしてもらった話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回は、岡山の一流プロカメラマンクアトロフォトデザイン(http://quatro-photodesign.com/)の福田さんに撮影をお願いした話です。

DSC_3901

以前作った()スマホアプリのアイコンを紙袋に入れ、岡山駅から徒歩で20分ほど行った所にある、岡山県総合グラウンドに来ました。

 

続きを読む

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

スマホ時代のデザイン、ブランディング考(1)

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回はデザイン、ブランディングの話です。

僕はスマホアプリの開発とかをちょこちょことやらせて貰っていますが、
デザインとかブランディングとかの際に、こういう観点が有ったら、より良いんじゃないかと感じた事を以下にまとめました。

続きを読む

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

3Dプリンタで「緊急用ホイッスルカード」を出力して貰った話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

emargency_wistle_card_cg

今回は、プラスチック射出成型での作成を目指している「緊急時にホイッスルになるカード」を、3Dプリンタで作成してみた話です。

続きを読む

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

ラ・ムー、ディオの激安198円弁当の研究

標準

ども(^-^)/岡本です。

岡山県を中心に西日本で展開している、『ラ・ムー』と『ディオ』という同じ系列のディスカウントスーパーがありまして、ここではどの商品も安いのですが、

 

なんと、198円で弁当が売られています。

 

値段の安さと、その割りにボリュームがあるので、ネットでもたびたび話題になっています。

一時的なセール品とかではなく、いつでも198円なんです。しかも税込で。税抜なら184円です。

 

僕は現在金欠()なので、一ヶ月ほど通い詰めて、どんな種類があるのか調べてみる事にしました。

以下、現在までに確認した198円弁当の種類をまとめています。

 

続きを読む

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

岡本がOKAMOTO’Sを聞きながら岡本駅(栃木県)へ行く

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回は僕、岡本がOKAMOTO’Sを聞きながら岡本駅へ行くお話です。

okamoto_stations

実は岡本駅は香川県兵庫県栃木県の3ヶ所にあります。

岡山県在住の僕にとって、最も難易度が高い(遠い)のが栃木県の岡本駅なので、こちらを目指す事にします。

続きを読む

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

「バランのメモ帳」が雑貨大賞の一次審査を通過した件

標準

どーも(^-^)/岡本です。

DSC_2714

今回は東京からお送りしております。(写真は今話題のハチ公の足元の猫です)

それと言うのも、

DSC_2376

先日作成した「バランのメモ帳」を、ヴィレッジヴァンガード様の主催する第二回雑貨大賞に応募した所、なんと一次審査を通過しました。

 

そして、渋谷のパルコで行われる授賞式へ呼んで頂きました。

DSC_2716

パルコに到着しました。

DSC_2719

パルコの一階に雑貨大賞のブースが設けられていました。

DSC_2717

そして僕のバランのメモ帳も展示されていました。

edited_DSC_2718(1)

一応、記念写真を。

その後、授賞式の会場へ移動すると時間よりかなり早かったのですが、デイリーポータルZのライターさん達や、他のクリエイターさんともお会いし、お話をする事が出来ました。

デイリーポータルZの乙幡さんが僕の鼻の穴皿や、パンのあれなどを見て頂いていて感激でした。

僕は乙幡さんの作られたホッケースの海老を使っていました。

hokkeesu
↑↑↑ホッケースの画像検索結果

授賞式の会場は撮影禁止だったため、写真はありませんが、

乙幡さんが「湖面から突き出た足」製氷器で大賞を取られました。おめでとうございます。

僕は残念ながらというか当然のごとく受賞はなりませんでしたが、ファイナリストに選んで頂いただけでも光栄でした。なんか今回は前回の倍近い1500件以上の応募があったそうで、その中から50数件の一つに選ばれたので、僕なんかが引っかかっただけでも奇跡の様です。

 

また授賞式の後、色々なクリエイターさんとのお話も大変刺激になりました。

DSC_2721

あとパルコのヴィレヴァンに鼻の穴皿が販売されていまして、実際の店舗で売られているのは初めて見ました。

DSC_2973

去年の雑貨大賞の紹介パンフレットに鼻の穴皿が載っていました。

とりあえず今回はこんな所で。

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

岡山市表町にオープンしたラーメン店「麺屋楽長。」様は滅茶苦茶しゃれおつでした。

標準

DSC_2647

どーも(^-^)/岡本です。

今回は岡山ネタです。

今回は、岡山市北区表町(おもてちょう)に、10月18日に新しく出来たラーメン屋さん「麺屋楽長。」様をレポートしたいと思います。

ラーメンには目がないので、楽しみです。

DSC_2648

まずは表町に向かいます。表町は岡山駅前から1キロほど離れた場所にあります。表町とその周辺は岡山県内でもラーメン激戦区です。

岡山駅のビックカメラ側の出口(東口)から出て、ビックカメラの右の通りを東へ進みます。

DSC_2650

15分ほど歩くと円筒形のビル、岡山シンフォニーホールが右手に見えてきます。

DSC_2678

シンフォニーホールの手前のアーケードを右折します。

DSC_2677

その後すぐにもう一度右に曲がります。

DSC_2679

その後、すぐに左に曲がると、

DSC_2652

ラーメン屋の提灯が見えました。

DSC_2672

こちらが今回お邪魔する麵屋楽長。さんです。

入ると早速店主の中村さんが迎えて下さいました。

DSC_2659

店主の中村さん。なんだか僕のラーメン店の店主のイメージそのままなのです。

DSC_2654

店内は非常にしゃれおつ

DSC_2657

奥には暖炉的な物があり、一番奥はカウンターになっています。

DSC_2662

あと個人的に滅茶苦茶ありがたいのがテイッシュが置いてある事!

ラーメン食べると鼻水出るじゃないですか。

そしてラーメンを注文します

DSC_2665

一番おすすめの楽長ラーメン(850円)をお願いしました。

DSC_2667

スープは和風だしが入った塩だれスープとの事でした。透き通っています。

あっさり塩味ですが、柚子が少し入っていたのがアクセントになっていました。

DSC_2670

あとミニネギチャーシュー丼(250円)も頂きました。

チャーシューが凄く柔らかくて美味しいかったです。わさびが添えてあるので、少し混ぜて食べますとさっぱりします。

 

メニューも載せておきます。(僕がお邪魔した時点の物です)

DSC_2658

楽長ラーメン(850円)←今回食べたラーメン
だし豚骨ラーメン(700円)
鶏ガラ中華そば(830円)
ALL TOPラーメン(1518円)
四川ラーメン(830円)

個人的にはだし豚骨ラーメンも気になります。

DSC_2664

ネギチャーシュー丼ミニ(250円)
ネギチャーシュー丼(380円)
岡山県産しろごはん(150円)

ワインもありました。

 

お店のデータ

定休日:火曜日

営業時間:昼11:00~14:30、夜17:00~22:00(ラストオーダー21:30)

場所:岡山市北区表町1-3-53 YS21ビル1F

 

岡山にいらっしゃる際には如何でしょうか。

今回はこんな所で。では(^-^)/~

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

今更ながらiPhone5cを買った事とパッケージデザインについて

標準

どーも(^_^)/岡本です。

DSC_2037

突然ですがiPhoneをとっぱらいで買いました。

僕はAndroidのスマホをずっと使っていますが、最近、iPhone用アプリ開発もやっています。

しかし、やっぱ自分で持って、使い倒さないと本当の所はよく分からないな…と。

しかし、お金がないので、ヤフオクで安いやつを落札しました。

いわゆる白ロムっていう奴ですね。ちなみに新品未使用品です。

DSC_2039

出品者の方に丁寧に梱包して頂いてます。

DSC_2040

これが今回買ったiPhone5cです。一世代前の廉価バージョン(?)です

折角なので、iPhone5cのパッケージデザインも記録して行きます。

透明なプラスチックケースに入って、周りを紙みたいな物で巻いてあります。
本当に巻いてあるだけで、留めてはいません。

DSC_2064

裏側には穴があいており、JANコード(いわゆるバーコード)等と、リサイクルマーク(プラ)が見えるようになっています。

このJANコードは幅は細いし、色は薄いんですがちゃんと読めるんですかね?

DSC_2041

巻いてある紙を取ったところです。

プラスチックのケースに入っていてます。お金がかかっているなあ。あと特筆すべきは、電子機器なのに緩衝材が一切無いという点です。

次にデザインについてです。

DSC_2043

側面はこちら。商品名のみしか書かれていません。

DSC_2044

こちらはAppleのロゴのみ。

一般的な商品だと、商品の良い所などを訴求しているパッケージですが、情報量を徹底して削りまくりです。

DSC_2046

蓋を開けてみました。

左から蓋、本体、付属品です。

DSC_2047

一番右の商品の説明書を退かしてみます。

あれ、ちょっと待てよ、iPhone本体の裏に何かくっついてます。

DSC_2048

リーフレットが本体の裏に貼り付いてました。

シウマイ弁当のシュウマイが蓋の裏にくっ付いているあの感じで。

DSC_2050

本体のシールを剥がした所がこちら。流石新品。ツルツルです。

とりあえずこれから使い倒してみたいと思います。しばらくAndroidと2台持ちします。

 

あと、今までに記録したパッケージデザインはこちら。

ダイソン(Dyson)、アップル(Apple)のパッケージデザイン考

ミラーレス一眼(Nikon 1 J4)を買った&パッケージデザイン考

自分で作ったパッケージはこちらです。

素人の僕がオリジナル商品『鼻の穴皿』のパッケージ(化粧箱)を作った記録

 

とりあえず、こんな所です。では(^-^)/

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

オリジナルミニ四駆を作れるか、まずは普通のミニ四駆を買って検証した話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

僕はCNCフライス盤を使って色々な物を加工したりしていますが、CNCフライス盤を使えばオリジナルのミニ四駆のボディが作れるかもしれない。

 

という訳で、今回はオリジナルミニ四駆が本当に出来そうか、売られているミニ四駆を買ってきて検証します。

DSC_1764

模型店に行き、今でもミニ四駆って売ってるんだなと思いつつ、その中でも異彩を放つミニ四駆パンダを買いました。

DSC_1766

箱を開けるとこんな感じ。電池は入っていません。

DSC_1768

パーツは以外と少ない。

DSC_1783

組み立てたらこんなになりました。ドライバーのパンダが良い感じです。

 

作ってみた感じだと、これをCNCフライスで加工するのはちょっと骨が折れそうな感じでした。

インターネットで調べた所、フライス盤ミニ四駆のパーツを作っている人や、3Dプリンタオリジナルミニ四駆のボディを作っている方は居ましたが、フライス盤でボディを作っている人は(調べた限りでは)居ませんでした。

やっぱり難しいのかな…。

気が向いたらやってみたいと思います。

 

とりあえず今回はこんな所で。ではまた(^-^)/

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

タイの怪談メー・ナーク・プラカノンの舞台ワット・マハーブットへ行き、タイ映画『愛しのゴースト』を見た

標準

どーも(^人^)岡本です。

先日のタイ旅行でワット・マハーブットというお寺に行っていました。

 

ワット・マハーブット

ワットマハーブットはタイでは有名な心霊スポットです。

DSC_0571

DSC_0573

タイ人なら誰もが知っている怪談メー・ナーク・プラカノンの(プラカノンのナークお母さん)の舞台です。

メー・ナーク・プラカノンとは、難産で死亡した女性「ナーク」が、夫「マーク」を愛する余りにお化けとなって現れ、プラカノンの村に災いをもたらしたという話です。

DSC_0572

タイでは実話と考えられていて、ワット・マハーブットにはナークの肖像画が飾られていました。

日中で明るかったですし、人もたくさんいたので怖くはありません。

 

映画「愛しのゴースト」

そして、その怪談メー・ナーク・プラカノンを元にした映画『PEE MAK』がタイで絶大な人気となり、日本でも『愛しのゴースト』という題名で公開されました。

折角ワット・マハーブットへ行ったので、その『愛しのゴースト』をレンタルして見てみました。

正直あまり期待して無かったですが、結論としては、めちゃくちゃ面白かったです。

コメディであり、ホラーであり、ロマンスでもある映画です。オススメです。

見る前に知っておくと良いタイ語

また知っておいた方がより映画を楽しめるタイ語があります。

」はタイ語で言うと「ピー・スア」と言います。

ピー」だけですと「お化け」という意味になり、「スア」は「上着」という意味です。

 

peemak

ナーク役の女優さんは、肖像画とは髪型以外あまり似てませんでしたけど。

 

今回はこんな所で。ではまた(^-^)/

オカモトラボ
個人Maker & プログラマ & Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。他サイトでライターもしています。
DPZ新人賞2014佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)