車のフロントガラスのヒビをリペアキットで修理してみた

DSC_0266
標準

どーも(^-^)/岡本です。

4月末の事ですが、自動車のフロントガラスにヒビが入っていました。

DSC_0266

全然気付かない内に…。

うーん、このままだと流石に良くないです。

と、いう訳で、近くにあるカー用品チェーン店に行って、見積もりを取ってみました。

小さいヒビであれば、安く直してもらえるハズです。

が結果…8万円でした!

このヒビは小さいのですが、フチからの距離が何センチ以上離れていない場合は、安く直すメニューよりは使えず、フロントガラスを総とっかえになるとの事。

何か安い方法は無いかなと思って調べていた所、リペアキットと言う物がある様です。

しかしこのリペアキットは失敗すれば取り返しが付かなくなり、フロントガラスの取替えになってしまう事もあるらしいですが、どっちにしても総とっかえになるんだったら…と挑戦してみました。

DSC_1843

はい。これがリペアキットです。

DSC_1844

インターネットで2000円くらいでした。

DSC_1845

そして、これが今回のヒビです。

DSC_1846

まずは押しピンで残ったガラスを取り除きます。

DSC_1848

傷の周りに粘着シートを貼ります。

DSC_1849

反対面の保護シートを剥がして

DSC_1850

器具を取り付けます。

DSC_1851

補修液を流し込んで

DSC_1852

この注射器みたいな物を使い、

DSC_1854

引っ張って真空に近くします。このまま20分ほど待ちます。

DSC_1856

その時の裏側の様子。全く変化はありません。

DSC_1865

今度は逆に圧力をかけていきます。空気が漏れるので、マスキングテープを貼りました。

DSC_1866

おっと、裏から見てみるとヒビが見えなくなっています。

DSC_1867

器具を取り外してみると、ヒビが小さくなっている様に見えます。

DSC_1869

補修駅をたらして、シートをその上に乗せます。

この状態で太陽の光が当たる場所に車を移動します。この補修液は紫外線が当たると固まるタイプの様です。

DSC_1871

固まったら、キットに入っているカミソリの刃を使い

DSC_1872

シートを剥がしたあとの、固まった余計な補修液を削り取ります。

DSC_1874

結果がコチラ。

完全にはヒビは消えませんでしたが、ダメ元でやったので個人的にはこんな所かなって感じです。

ではまた(^-^)/

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です