【日記】真夏のデザフェス2016へ行った時のその他諸々

DSC_4224
標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回は先週末にデザフェスへ行った際のデザフェス以外の日記です。

 

 

ホテルのこと

僕はいつも、なるべく築浅のホテルを探して取ってまして、今回も比較的新しいホテルをとりました。

なぜかと言うと、要するに怖がりだからなのですが、

それというのも、洒落怖(洒落にならない怖い話)というネットの恐怖体験談をよく読んでまして、

そこでありがちなのがホテルでの恐怖体験なのです。

 

ホテルでの恐怖体験で良くある流れはこんな感じ↓

  • 部屋の雰囲気が少しおかしい(暑いもしくは寒い、じめっとしている等)
  • 見えにくい場所に御札などの怪しい兆候
  • 「しかし、その時はあまり気にしませんでした」
  • 夜中に目が覚めると金縛り(目は動く)
  • 何者かが近づいてくる気配(濡れた足音など)
  • 恐ろしさのあまり目を閉じて念仏を唱える
  • 何らかの怖い体験
  • 気が付くと朝になっている
  • 「あれは夢だろうか」
  • 夢じゃない証拠
  • その部屋で昔、事件あるいは事故があったなどのタネあかし

ザックリいうとこんな流れです。

僕もホテルでは御札や、その他の怪しい兆候がないか必ずチェックします。

今回は、避難経路図を見てある事に気付きました。

DSC_4213

僕の214号室の隣が212号室です。

 

213号室が、ない

 

これは洒落怖のパターンに当てはめると、

 

  • 数年前、213号室で事件がありました
  • それ以来213号室で怪奇現象が起こる
  • ネットで213号室の悪い噂が立つ
  • ホテルが213号室を無くして214号室にする、以下繰り上げ
  • つまりこの214号室が元の呪われた213号室だったのです

…これだ!

 

と、ビビってましたが、

 

当たり前ですが、何もありませんでした

 

 

 

貨幣博物館へ行ったこと

秋葉原から電車代節約の為に東京まで歩いていると、

DSC_4220

日本銀行のすぐ近く、というか日本銀行分館に貨幣博物館を発見しました。

 

DSC_4222

入場無料と書いてありますので、入ってみることにしました。

 

DSC_4221

入口はこんな感じです。

中は撮影禁止だったのですが、簡単なアンケートを書くと、貨幣(と紙幣)の歴史が学べます。

お金の教育に関する展示でこども銀行のお金が展示されていましたが、あれ日本銀行公認なのですね。

 

皇居へ行ったこと

東京駅に着いてから、皇居へも行ってみました。

DSC_4224

実は初めて来ました。有名な二重橋。

DSC_4225

別角度から。外国人観光客が多いです。

DSC_4226

分かりにくいですが、門の両側に衛兵?門番?の人がいます。

全く動きません。

全く動かないってのも結構大変そう。

 

食事について

DSC_4218

東京さ行ったら、ほぼ毎回行っている海鮮丼のお店(若狭家さん)に行きました。

これで2160円でした。

DSC_4233

あと帰りの新幹線の中では駅弁を食べまして、

いきものがかりの方々がラジオで「美味しい」と言っていた牛肉どまん中弁当です。

DSC_4234

蓋を取るとこんな感じ。牛肉はそぼろ薄切り肉の2種類乗ってます。

美味しかったです。

 

 

とりあえず今回はこんな所で(^-^)/~

 

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です