『お化けのガスー』について調べてみた

gasuu
標準

どーも(^-^)/岡本です。

突然ですが、『お化けのガスー』を知っているでしょうか。

gasuu

『ガスー(Krasue)』と言うのは、タイなどの東南アジア諸国に伝わるお化け(妖怪)のことです。女性の生首に内臓がぶら下がった姿で、弱い光を発して浮遊します。

以前、岡山に遊びに来た()タイ人の友達によると、彼女のお父さんの故郷『カムぺーン ペッ(Kamphaeng Phet)』の村にガスーが出た事があるそうです。

kamphaeng_phet
↑カムペーン ペッ県の位置

村人が松明を持って追い掛け回したら、それ以降は出てこなくなったそうです。映画で描かれるガスーは赤く光る事が多いのですが、実物は緑色に光っていたそうです。

たくさんの村人が同時に目撃したのと、近距離(ガスーの顔が確認できるくらい)だったそうで、目撃情報としては有力な方かなと思います。

あと最近でもYoutubeにガスーの映像がアップされて、タイでニュースになったりもしていますが、ガスーについての日本語の資料があまり無いみたいだったので調べました。

 

なお、『ガスー』の言い伝えが諸説ある事や、日本語の資料がほとんど無いため、翻訳を間違っている事が有るかも知れませんが、以下ガスーについての説明です。

タイ語で『お化け』は『ピー(発音:→↑)』と言いますので、『ピーガスー(お化けのガスー)』とも言います。タイ語の発音(Krasue)をカタカナ標記にしている関係で、『クラスー』とか『グラスー』、『カスー』等と標記される場合もありますが、ここでは『ガスー』で統一しています。

 

ガスーは、タイ以外の東南アジアの国々でも信じられていて、カンボジアではアープ(Ahp)、ラオスではカス(Kasu)と呼ばれていて、マレーシアインドネシアの神話にも見られ、ペナンガラン(Penanggalan)やペナンガル(Penangal)、レヤックリーク(Leyak)等の名前でも呼ばれます。

 

 

 

タイ民族誌学者のプラヤー・アヌマーン・ ラーチャトン(Phraya Anuman Rajadhon)[1888-1969]によると、ガスーは浮遊する頭と鬼火(ひとだま)から構成されると提唱しました。(つまり内蔵は無い)

ガスーは若くて美しい女性の姿である事が多いです。

ガスーは日中は普通の人のように生活しますが、夜になると静かな場所に身体を隠して、頭と内蔵だけが空を飛び、家畜を襲って血や内蔵をむさぼります。

血や内蔵が手に入らなければ、排泄物(うんこ)や死肉を食べる事もあります。

夜中、外に干したままの洗濯物が、朝になって血や排泄物で汚れていたら、それはガスーが口を拭った跡だと信じられています。

また、ガスーは出産中の妊婦胎児も襲います。後産(胎盤)が大好物です。

ガスーは恐ろしい鋭い鳴き声を発しながら、妊婦の家の周囲を飛び回ります。

妊婦の家族は、家の周囲に棘のある植物の枝を置きます。ガスーは内蔵に棘が引っ掛かるのを嫌がるので、侵入を防げると信じられています。

また、出産後は胎盤を遠く離れた場所に埋めなければなりません。

十分に深く埋めるとガスーは見つける事が出来ません。

もしガスーの元の身体(首から下の身体)を隠したり破壊したりして、ガスーが元に戻れないまま夜が明けるとガスーは苦しみながら死んでしまいます。(また元の体に赤い印をつけるとガスーは自分の身体を見つけられなくなります。)

 

ガスーに対抗する為には、松明(たいまつ)と(ナタ)を持ち、集団で行動する必要があります。

ガスーを捕獲して殺すか、ガスーが夜明け前にどこに行くかを確認し、身体を破壊します。

一部の言い伝えでは焼いて破壊する事が出来ると言われています。

また、ガスーはガハン(Krahang)という男性の姿のお化けと同じ地域に住む事が多いと言われます。

(ガハンは2つの(ふるい)を使って飛び、股には長いすりこぎに乗って、人々を驚かせるお化けです。)

krahang

↑ガハンのGoogle画像検索結果

これは文化の違いですが、日本人の感覚からするとガハンはどちらかと言えば、お笑い担当のお化けですね。でもタイ人には怖いらしいですが。

 

 

ガスーはベトナム西部の山岳部族の社会を経由し、マライとして、ベトナムの民間伝承の一部にもなっており、また中国には飛頭蛮という似た妖怪も知られています。

フィリピンのシキホル島には妊婦につきまとうマナナンガル(Manananggal)という、似た魔女の伝承もあります。

マナナンガルは昼間は人間の姿をしていますが、夜になると下半身を切り離し、背中に蝙蝠の羽を生やして空を飛び、人間を襲って血を吸うと言われていて共通点は多いです。

manananggal

↑マナナンガルのGoogle画像検索結果

また日本の妖怪ろくろ首は、首が伸びる妖怪として知られていますが、江戸時代以前は首が飛び回る妖怪(抜け首)だったそうです。

ろくろ首は多くが女性として描かれている事や、ろくろ首も日中は普通の人として生活している事、首が飛び回るろくろ首(抜け首)は、夜中に人間を襲って血を吸うと言われている事などガスーとの共通点も多く、元は同じ物だったのではないかと思います。

今でもタイではガスーを題材にした映画がたくさん作られる程、人気があります。

 

——-

(追記)

その後、僕がタイ旅行に行った時、友人にカムペーン ペッの村まで案内して貰えるように頼みましたが、ガスーの呪い?を理由に断られてしまいました。

また別のタイ人の情報によると、カンボジアとの国境近くのシーサケートスリンに行き、夜中森や畑を歩いているお坊さんに付いて行けばガスーが見えるかも知れないそうです。

ガスーの映画3本『Krasue Kud Porb』、『Demonic Beauty』、『Krasue Valentine』を入手して、見てみました

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です