個人がプラスチック射出成形機を使って製品を作る実験

DSC_3577
標準

どーも(^-^)/岡本です。

DSC_3540

先日、アメリカからプラスチック射出成型機(The PIM-SHOOTER™ Model 150A PLASTIC INJECTION MACHINE)を個人輸入した話の続きです。

 

プラスチック射出成形機とは、金型に溶かしたプラスチックを圧力をかけて流し込んで、プラスチック製品を作る機械です。

金型の作成はCNCフライス盤という加工機を使う予定ですが、

今回は、

DSC_3538

射出成形機に同梱されていた、サンプルのカエルのルアーの金型を使って試し射出成形してみました。

 

まずは、

DSC_3582

取扱説明書を読みます。

アメリカから個人輸入したものなので当然全て英語です。

WARNING(警告)とか、break(壊れる)の単語がたくさん出てくるので、ちゃんと使い方を理解しないとヤバそうなのですが、

データはなく、この紙の取扱説明書だけなので、翻訳ソフトを使う事ができません。

更に訳した日本語が、聞き慣れない専門用語で意味が分からなかったり、

温度は華氏表記。長さはインチで、体積はオンスで記載されているので、単位の変換もしなければならなかったりして、

翻訳が本当に大変でした。

 

その作業がなんとか終わったので、

DSC_3558

実際に使っていきます。

コンセントのプラグ形状や、電圧も異なったりしまして、アメリカの製品を個人輸入するとなかなかめんどくさいです。

CNCフライス盤のネットの情報も少なかったですが、射出成形は更に少なくて、参考情報もほとんど有りません。

DSC_3585

作業中はこの保護メガネ(ゴーグル)を常時着用します。

DSC_3583

この保護メガネはちゃんとANSI(アメリカ版のJIS)で認定されています。

暗い所では何も見えないですが、

ANSIゴーグルですね。

 

そして、

DSC_3565

作業中は高温になるので、耐熱グローブも常に付けて作業します。

DSC_3586

まず、ホットプレートで金型を予熱し、射出成形に適した温度に近づけます。(敷いているのはクッキングシートです)

DSC_3573

プラスチックのペレットを射出機に入れ加熱していきます。

機械の温度設定も華氏で行います。

プラスチックの種類によっては事前に準備が必要になったり、加熱すると有毒なガスが発生する事もあるようです。

 

DSC_3569

十分温まったらレバーを押し下げて、射出します。

DSC_3570

こんな感じで最初の射出が完了しました。

 

金型を開けてみると、

DSC_3571

初めてにしてはなかなかいい感じです。

でもカエルの足の先にポリプロピレンが届いていません。

熱が足りないか、押し込みが足りなかったのかもしれません。

 

プラスチックの温度を上げたり、金型の余熱を上げたり、レバーを押す力を強めたりして試行錯誤します。

DSC_3575

何度か繰り返しているうちに、文句なしに成功しました。

 

DSC_3577

成功(左)と失敗(右)。

DSC_3580

ランナー(プラスチックが通る道)を取り除いて完成です。

 

という事で、射出成形のやり方は大体分かって来ましたので、今度はCNCフライス盤で作ったオリジナルの金型で、オリジナルのプラスチック製品を作ってみたいと思います。

個人メーカー化までもうすぐです。

 

ところで、華氏○度は英語で、

ディグリース・ファーレンハイト

って言うらしいです。

銀英伝っぽくてかっこいいので、ちょいちょい言っていこうかなと思います。

 

今日は暖かいなと思ったら、35ディグリース・ファーレンハイトか。

 

とりあえず今回はこんなところで(^-^)/

 

——
(追記)

素人の僕がCNCフライス盤で金型を作った記録#1へ続く

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です