デング熱が心配なので『蚊取りペットボトル』を日本用に改良する実験

デング熱が心配なので『蚊取りペットボトル』を日本用に改良する
標準

どーも(^-^)/岡本です。

デング熱が、日本で70年振りに患者が確認されたそうです。

僕は蚊に刺されやすい体質なので心配しています。

どれくらい刺されやすいかと言うと、学生時代の寮では「岡本の居る部屋では蚊に刺されない(=僕が刺されてる)」という伝説を作ったほどです。

そのため、蚊に対しては日頃から人並み以上に忌々しく思っていました。

この機会に蚊を大量殺戮する方法を考えたいと思います。

そして、何かヒントが無いかなと、ネットで検索すると、

蚊取りペットボトル

というものがあるらしいです。

簡単に作れて、フィリピンでは絶大な効果を上げている様です。

数万人の命を救った「蚊とりボトル」とは? ペットボトルで簡単に蚊を撃退する方法

仕組みは、ペットボトルにイースト菌と糖類を入れ、発酵させます。

すると、二酸化炭素が発生し、人間が吐く息の二酸化炭素と勘違いした蚊を引き寄せ、捕まえるという物です。

でも、この蚊取りペットボトルですが、致命的な問題があります。

それは日本では取れない事です。

蚊取りペットボトルは日本でも効果があるのか?作って試してみた結果

Googleで検索しても、日本での成功例はありませんでした。

フィリピンで効果を上げているのに日本では効果がありません。

それってもしかしたら、気温が日本の方が低いからじゃないかと思うのです。

ネット情報だと35~40度じゃないと、イースト菌が活発に活動せず、二酸化炭素が上手く出ないみたいです。

そこで、

温度が低ければ、温めてやればいいじゃないっ!

と、言う訳で、蚊取りペットボトルを温める実験をします。

 

しかし、どうやって温めればいいのか、さっぱり検討もつきません。

ニクロム線とかに電流を流せばいいのでしょうか。

熱くなり過ぎても困ります。

35~40度の温度に保ってくれて、安くて、ペットボトルに丁度良い大きさで、乾電池で動く様な都合が良い物ないかなぁ。

そんなうまい話が…

IMGP3133

ありました。

これ、USBドリンクウォーマーです。

パソコンのUSBに差し込んで、マグカップに入った飲み物を保温する物で、38度くらいで維持してくれます。

これを、以前停電した時に作った電池ケースと繋げると、持ち運びも出来ます。

さらに、蚊は人間の体温にも反応して近づいてくるらしいので、ドリンクウォーマーの熱に引き寄せられる可能性も大です。

これなら行けるかも知れません。

 

では、まずは蚊取りペットボトルから作っていきます。

 

材料は以下の通りです。

  • ペットボトル 1.5~2リットルくらいのもの
  • お湯 200ミリリットル
  • ブラウンシュガー 50g(普通の砂糖でも良い)
  • イースト 2g(ドライイーストでも良い)

IMGP3135

まずはペットボトルの上側1/3を切断します。

IMGP3143 IMGP3150

次にブラウンシュガーが無かったので、代わりの黒砂糖を50グラム用意します。

IMGP3155

ペットボトルに黒砂糖を入れ、お湯を入れ混ぜます。

IMGP3162

お湯が40度くらいになるまで待ちます。

IMGP3164 IMGP3165

ドライイースト(2グラム)を、ちゃんと40度になってからペットボトルに入れます。

40度より熱いとイースト菌が殺菌されてしまいます

イースト菌は混ぜずに置いておきます。

IMGP3168 IMGP3167

ドリンクウォーマーを巻き、エネループを接続します。

少し置いておくと、発酵が進んで泡が出てきました。

お酒みたいな匂いがします。

IMGP3169

ペットボトルの上側を逆さに取り付け、テープで固定し完成です。

IMGP3176

最後にダメ押しで、僕の汗を染み込ませたハンドタオルを巻きます。

この為だけに近所を一時間ジョギングしてきました。

IMGP3178

電池を交換しながら、一週間後

IMGP3183

蓋を開けてみます。

濁っていて蚊が取れているかどうか分りません。

IMGP3184

トレイに移してみました。

コバエが数匹入っているだけで、蚊は一匹も入ってませんでした。

結果は失敗です。

うーん、残念(-_-;)

蚊取りペットボトルを温めても、日本では蚊が取れませんでした。

蚊取りペットボトルが日本でうまく行かない原因は、温度以外にありそうです。

気が向いたら、またリベンジします。

今回はこんな所で。ではまた(^-^)/~

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

デング熱が心配なので『蚊取りペットボトル』を日本用に改良する実験」への6件のフィードバック

  1. 通りすがり

    ドリンクウォーマー、良いアイディアですね
    タイではたくさん捕れるみたいなので、発酵温度が重要なのは間違い無さそうですね
    http://ライフハック.net/post-554/#comment-21966

    あとは、二酸化炭素は空気よりも重い(モル重量は12+18×2 vs 27.96)ので、横に穴を開けるなどしないと、容器の底に二酸化炭素が溜まるだけなのでは?
    かといって穴開けすぎると蚊が上から入ってこないので、側面の穴の大きさと数がキモなのかも
    あとは容器の高さとか、風がちょっとだけ通るような設置場所とか?

    • オカモトラボ オカモトラボ

      コメント&アドバイスありがとうございます(u_u)
      今年は出来なさそうなのでまた来年挑戦してみたいと思ってます。

  2. Suzy

    我が家はブラックホールをつかっています。効果を確認できなかったのですが、今年専用の蛍光ランプを切らしてしまい、使用できなかったらたちまち蚊が増えたので、やはり効果ありでしたね!

    • オカモトラボ オカモトラボ

      おお!
      情報ありがとうございます!(u_u)
      ブラックホール気になりますね。
      買って実験してみたいです。

  3. 博士

    同じことを発想したので、試験結果を公表していただき感謝しております。
    昨日、最高気温36度を超えた状態で、竹藪脇の蚊だらけのところに3本並べてペットボトルを置いてみました。
    発酵で周囲より少し温度が高くなっているためか、ペットボトルに随分蚊が寄ってきましたが、結局中には一匹も入りませんでした。
    結果、日本の蚊はイースト発酵の二酸化炭素には誘われない、という結論にいたりました。
    発酵鶏糞を水に入れると蚊が寄ってくる、との情報がありましたので、こちらも試してみようと思います。

    • オカモトラボ オカモトラボ

      ご覧頂きありがとうございます(u_u)
      少しでもお役に立ちましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です