【電子工作】モンスターボールを作る6(Making a Poké Ball 6)

dsc_4396
標準

どーも(^_^)/岡本です。

 

久々にモンスターボール作った話です。今回は6回目ですが一応最終回のつもりです。これまでのバックナンバーはこちら(1回目2回目3回目4回目5回目)。

 

今日までなかなか更新出来ていませんでしたが、サボっていた訳ではなく、モンスターボールが上手く意図した通りに動いてくれず、試行錯誤していました。

 

前回からの問題点としては、

ポケモンGOのゲーム内だと、ボールが動いた後、ピタッっと止まりますが、

作ったモンスターボールは動いた後、ずっとグラグラと転げ回ってしまいます。

 

錘(おもり)で調整してみる

dsc_4349

まず思いついたのは、釣りで使用する噛み潰しの錘を底にセットする方法です。

重みで安定するんじゃないかと思いましたが、

むしろ、錘を入れた方が症状が悪化しました。

 

強力な磁石で止めてみる

続いて、

dsc_4351

結構強力な磁石を底に貼り、机の下にも仕込みました。

磁力は届いている様ですが、止まる力は全く効きません。

 

dsc_4356

あとは底に出っ張りを付けて、動きに制限を設けたりもしましたが、これも上手く行きませんでした。

 

こんな感じで、なかなか上手く行かず万策尽きました。

そもそも、モンスターボールの中でポケモンが暴れ、底が球状なのに「ピタッ」っと止まる事なんて物理的に有り得えるのかなと。

 

もしかすると、実現不可能じゃないかと頭をよぎりましたが、

実は、ネットとリアル問わず色々な人から「楽しみにしてます」と言って頂いたので、もう平身低頭謝るしかないかと思いました。

 

諦めてポケモンGOで遊ぶ

そして、現実逃避です。

改めてポケモンGOで遊びました。

ずいぶん涼しくなったので遊びやすくなりましたね。

 

img_0096

よっと。

…あれ。待てよ。

 

img_0094

…下は草だな。

 

ポケモンGOのゲーム画面では、モンスターボールの下は草原ですが、
(※ARをONにしていたらカメラの映像ですが、僕はARをOFFにしています。)

それに対して、僕はモンスターボールを机の上に置いていました。

 

ゲームと同じように、草の上にモンスターボールを置けば、同じように転がらないかもしれません。

 

 

という事で、

dsc_4382

百円均一で草(芝生マット)を買ってきました。

本物の芝の様にもみえますが、芝は緑と茶色の細いビニールの様なもので出来ています。

dsc_4397

裏はこんな感じです。

 

うまく行くかな?緊張の一瞬です。

gifアニメだとこんな感じ↓

mudai3

おお、意外と良いんじゃない?

なんか力強さを失った感じが否めませんが、

設定的には、フルボッコにされた挙句、HP1の状態でモンスターボールを投げられた感じですね。

 

という事で、8月10日から作っていましたので製作期間はほぼ1ヶ月半でした。

 

そして、今回掛かったお金を、列挙してみますと、

プラスチック球(失敗時の予備込) 1,144円
プライマー(スプレー下地) 915円
ホビー用カラースプレー 1,788円
ボタン部分に使ったアクリル板白(予備含) 1,278円
中のパーツ固定用のアクリル板 625円
電子パーツ(ICソケット、ケーブル等) 1,274円
スズメッキ線(予備含) 408円
樹脂ボルトとナット、皿ネジ、スペーサーなど 963円
ギヤボックス(モーター付) 495円
モーター制御チップ(予備込) 939円
エネループ8本セット 1,995円
芝マット 108円
今回の為に必要になった工具 6,741円
買ったけど使わなかった部品 1,800円
20,473円

合計金額20,473円

 

改めて見てみると、うーむ、もったいない…何やってるんでしょうねえ。

 

という訳で、モンスターボールはこんな感じでした。

オチが無くてすみません。

では(^-^)/

 

————–
(追記)

モンスターボールが「ねとらぼ」様にご紹介頂いた話へ続く

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です