たっぷりの『●んこ』を食べて吐きそうになった事とか

IMGP4529_mozaiku
標準

IMGP4310

どーも(^-^)/岡本です。

さて今回はタイトルの通り、『●んこ』を食べてみようと思います。

『●んこ』というのは『あんこ』の事です。

アンパンマンの頭に入っているあれです。

『う●こ』じゃないので勘違いしないでくださいね。

そもそも、僕は上品な人間なので、
『う●こ』なんて下品な言葉は使いませんから!
 

ところで、『あんこ』には『こしあん』や『つぶあん』、『栗あん』、『うぐいすあん』など、色々な種類があります。

 

そこで僕は思いました。

黒色でちょっと赤味がかった『こしあんと、黄色い『栗あんを混ぜたら、

『うんこ』そっくりになるんじゃねえの?…と。

 

 

と、言う訳で、早速実験したいと思います。

IMGP4290

まずは、『こしあん』と『栗あん』を入手します。

近所のスーパーでは『栗あん』は売ってなかったので、ネットで注文しました。

届いた商品を開封すると、「この度はご注文ありがとうございます」という、非常に丁寧なお手紙が添えられていました。

これから行う実験を思うと胸が痛みます。

IMGP4318

そして、「『うんこ』と言えば公園だよね」という訳の分からない理由で、近くの公園へと移動します。

僕が担いでいるのは、机として使うと高さが絶妙だと(僕の中で)話題のダンボール箱です。

IMGP4376

この日は暖かかったので、たくさんの家族連れで賑わっていました。

IMGP4341

広場の空いているスペースに陣取って準備を始めます。


IMGP4354

まずは『こしあん』を搾り出します。

凄くなめらかで、めちゃくちゃ美味しそうです。

IMGP4361

続いて『栗あん』も搾り出します。

こちらもなめらかです。

写真では分かりにくいですが、所々栗が入っているのでお得感もあります。

『こしあん』に少しづつ『栗あん』を足して、目的の色に近づけて行きます。

IMGP4364

ヘラを使ってよーく混ぜます。

IMGP4368

良い感じの色になりました!

『こしあん』と『栗あん』を大体2対1の比率で混ぜると『う●こ』みたいな色になります。

本当に何の役にも立たないトリビア。

IMGP4533

続いてビニール手袋を付けて、『あんこ』の形を整えます。

まな板とビニール手袋に『あんこ』がくっついて、なかなか難しいです。

IMGP4532

複雑な形状は難しいと判断し、ここからヘラでざっくりと形状を整えることにします。

格闘すること10分。

IMGP4529

なんか偶然、物凄くそれっぽくなりました!

…なんでこんな事してるんだっけ?

 

 

では続いて、美味しく頂きます。

割り箸を持って来たはずですが、見つかりません。

割り箸で食べる方が見た目もちょっとアレで面白いはずでしたが、ヘラ(とボウル)で食べます。

IMGP4502

あまーーーーーーーい!!(古)

ヴィジュアルはちょっとアレですが、意外にもあまり気にならず。

普通においしいです。

IMGP4506

しかし、食べ進めるうち段々と甘みがボディーブローの様に効いてきます。

IMGP4391

甘すぎてげぼが出そうになります。

正直、単体の『あんこ』にこんな破壊力が秘められているとは知りませんでした。

『あんパン』の『パン』は『あんこ』の引き立て役ではなく、『あんこ』の甘さを弱めていたんですね。

IMGP4516

気持ち悪くなりながらも、どうにか完食。

顔色が悪く(白く)なってます。

甘い物を食べ過ぎると無性に塩辛い物が食べたくなります。

不思議と僕はマヨネーズたっぷりの『たこ焼き』が食べたくなりました。

 

…さて、具合悪いし、そろそろ帰ろう…。


…Σ(゚-゚ !!
IMGP4327

あれ?

そういえば、あんなにたくさんいた家族連れがいない!!
(僕を中心に半径100mから人が消えました。)
 

…まあ、無理もないです。
遠目から見たら、吐きそうになりながら『うんこ』食ってた訳だしな。
 

 

まあ、いいか。ではまた(^-^)/~

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です