【兵庫県神崎郡】牧場直営のアイスクリーム屋「にゅうにゅう工房」さんへ行ってきた

標準

どーも(^-^)/~岡本です。

先日、姫路のほうへ行く用事がありまして、その際、姫路に詳しい人に姫路周辺でオススメの場所を聞いた所、ちょっと遠いですが「にゅうにゅう工房」さんというアイスクリーム屋を教えてもらったので行ってきました。

続きを読む

【なんとなくドライブ】ミーは何しに姫路へ?

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先日、取材で姫路まで車で行ってきました。

その時見た気になったものを車内から撮影するだけの「ゆるい」感じのエントリーです。(なんて言うと、普段がゆるくないみたいですね。)

車内から見えた気になった場所に立ち寄ったりもしたかったのですが、今回はそんなに時間がなかったのでサッと流す感じです。

続きを読む

岡本が岡本駅(兵庫県)へ行くも土砂降りだった話

標準

どーも(^o^)/岡本です。

okamoto_stations2

僕、岡本が全国に3カ所ある岡本駅を訪ねるシリーズの2回目です。

すでに岡山県在住の僕にとって最も難易度が高い栃木県の岡本駅には行きましたので、残りの兵庫県と香川県です。

両方とも隣県なので消化試合みたいなものです。

今回はその中でもちょっとだけ遠い兵庫県の岡本駅へ行きました。

続きを読む

雑誌Beginに『鼻の穴皿』が掲載されたので、岡山から発売日当日に手に入れる

標準

どーも(^0^)/岡本です。

DSC_1635

1ヶ月ほど前、超一流モノ&ファッション誌のBeginから、ブログの問い合わせフォームよりご連絡いただきました。

IMGP4611

このブログ発の商品『鼻の穴皿』を紙面に取り上げて頂けるとの事で、やり取りをさせて頂きました。

その雑誌Beginの発売日は、今日5月16日です。

そこで、書店で働いている友人に「5月16日に発売されたら見てみて」と言っていました。

しかし、その友人が調べてくれたところ、

「Beginは、(兵庫県の)姫路の店では16日に発売されるけれど、岡山では18日に発売になる」

と教えてもらいました。

ん?なにそれ?

と思ったので、(信用しないわけではないのですが)岡山の書店様に実際に電話して聞いてみます。

僕「世界文化社の雑誌Begin7月号の発売日を教えていただきたいのですが」

店員さん「お調べしますので、少々お待ちください、、、、お待たせいたしました。発売は18日です」

友人の指摘通り、発売日(16日)より遅いです。

 

次に今度は姫路の書店様にも電話して聞いてみます

僕「世界文化社の雑誌Begin7月号の発売日を教えていただきたいのですが」

店員さん「お調べしますので、少々お待ちください、、、、お待たせいたしました。発売は16日です」

こちらだと発売日当日になっています。

 

その後、姫路と岡山の間にある書店様に順番にお問い合わせをした結果が、以下の通りです。(書店の皆様、お忙しい中、申し訳ありません)

book_map

この様に、岡山県と兵庫県の県境を隔てて雑誌の発売日が違っています。

そこで、何故なのか、ネットの力で調べてみました。

 

雑誌には「計画誌」と「一般誌」という分類があり、計画誌はほぼ全国同時に発売されますが、一般誌は東京から遠いほど輸送に時間が掛かり、発売日が遅くなるらしいです。

そして、東京から兵庫県までは発売日当日に発売され、岡山県では発売日の一日遅れになります。 (今回の場合、17日は日曜日なので2日遅れ)

一方、週間少年ジャンプなどは「計画誌」なので、遠方の場合、輸送時間を逆算して、岡山でも発売日に店頭に並びます。

 

発売日に入手する為に、兵庫県まで買いに行く

と、言う訳で

DSC_1612

今日、発売日当日にBeginを手に入れるため、兵庫県の赤穂(あこう)市まで買いに行きました。

 

岡山県の書店を調査

DSC_1616

途中、岡山県の東端にある備前(びぜん)市の宮脇書店 備前店様に寄ってみます。

IMG_20150516_151552

こちらでは、Begin6月号(前月号)が陳列されています。

 

そして、兵庫県へ向け移動します。

DSC_1624

ここが岡山県と兵庫県の県境の峠です。

この峠を越えると発売日当日エリアです。

 

兵庫県の書店を調査

DSC_1625

県境を越え、兵庫県赤穂(あこう)市のイオンに来ました。

DSC_1628

こちらでは、ちゃんとBegin7月号(最新号)が売られていました。

すげー。本当にあったwww

買って帰ります。

 

DSC_1632

ついでに赤穂のお土産かん川のしほみ饅頭も買って帰りました。

 

Begin7月号を見た結果

DSC_1635

こちらは鼻の穴皿が掲載されているBegin7月号です。

DSC_1636

鼻の穴皿ブツ楽園というコーナー(156ページ)にて取り上げて頂きました。

よろしければ是非見てみてください(u_u)

こちらの雑誌Begin様は、想像以上にお洒落な雑誌でして、鼻の穴皿とか載せて頂いて大丈夫だったのでしょうか。

でも、オカモトラボとしては初の雑誌掲載だったので嬉しいです。

 

今回はこんな所で、ではまた(^-^)/

タイ人のお客さんに姫路の案内をした話

標準

どーも(^_^)/岡本です。

先日、岡山の案内をした、日本に遊びに来ていたタイ人ですが、先週の週末にも引き続き滞在中でした。

今度は前は行けなかった姫路を案内することになりました。台風が迫っていたので、影響が少ない土曜日に、僕含め3人で車で出掛けました。

もちろんメインは姫路城です。

そして、日本でまだちゃんとしたラーメンを食べていないとのことでしたので、まずは姫路の一徹らーめん様に行くことにしました。こちらのお店は、僕が見たとき姫路のラーメンランキングで1位だったお店です。

続きを読む

カード型緊急用ホイッスル「ライフカード」を作成する

標準

どーも(^-^)/岡本です。

IMGP3131

先日、神戸に遊びに行ったときに、神戸の震災記念館にも行きました。

そこのガイドのおばちゃんが、緊急ホイッスルは携帯しておくべきだと力説していて、僕も緊急用ホイッスルを購入しました。

しかし、結構邪魔になってしまい、持ち歩く事は無くなってしまいました。

これがリア・ディゾンさんなら「ポイしないでくださーい」と言ったかもしれません。

そして恐らく、邪魔だから緊急用ホイッスルを持ち歩かない人はいるんじゃないかと思います。

そこで考えたのが、カード状にした緊急用ホイッスルです。カード型なら財布に入ります。

 

 

なぜホイッスルは鳴るのか調べて見る

そういえば、なぜホイッスルは音がなるのでしょうか。

ネットの情報によれば、カルマン渦という現象を起こせば良い様です。

上に行ったり下に行ったり

尖っている所に息を当てて、息が上に行ったり、下に行ったりを繰り返す事により音が鳴るようです。

 

どうやって実現するか

ホイッスルになるカードという事で、当初はカードを折って円く丸める事でホイッスルになると考えました。

しかし、それはちょっと無理があり、カードを3つ折りにして、笛を作る方法にしました。

IMG_20140818_173818

最初に考えた時の構想図しながらの落書きが上の写真です。

デザイン

加工シュミレーションがこちら。

切り離されるギリギリまで削って、カードを3つに折り畳める様にします。

使い方

分かりやすく、組み立て方&使い方を絵に描くと、こんな感じです。

 

試行錯誤してみる

実際に作成する前に、試作品を作成して音が鳴るかの実験をします。

イメージした横からの空気の動きは上記の様になります。

一枚当たり1mmの板を重ねて3mmです。尖っている所を『鳴き口』というらしいです。

これだと全然音が鳴りませんでした。

(上の図は大きさの比率は全く無視しています。)

空気が上に行ったり下に行ったりしないといけないのですが、空気が上から出てきている気がします。

次にこれ。

下に空気を抜く穴を設けて、『鳴き口』の下側にも空気が通りやすくします。

これも鳴りません。

なんだか今度は下側からばかり空気が出てきている気がします。

上にも空気が行く様に出っ張りを付ければいいかもしれません。


加工用モデル

設計図を作り直して再度作成します。

わずかに音が鳴り始めたのがこれ。

空気の通路(カードを折った状態の2枚目)にも突起を付け『鳴き口』に空気を誘導しました。

IMGP3029

この時の試作品の写真がこれ。

でも色々と調整していったら再び音が鳴らなくなりました。

断面図4

もう一度音が鳴るようになったのがこれ。

市販のホイッスルを調べたら、下の空気が行くところに空気を抜く穴がは無かったので、下側に穴あった穴を埋めました。

穴があった時よりも大きな音が出てきた気がします。

また、『鳴き口』の位置が入口に近いか遠いかでも音が鳴ったり鳴らなかったりします。

そのさじ加減は本当に微妙で、0.1mmで鳴ったり鳴らなかったりします。

音は少し鳴る様になりましたが、市販のホイッスルと比べると、まだまだ音が小さいです。

やはり厚みが薄いからだと思われるので、今度は4つ折にしてみる事にしました。

3つ折だった物を、4つ折にして厚みを増し、下側の空間を出来る限り広げます。

緊急用ホイッスルカードのサブ画像

4つ折りになった時の組み立てイメージはこちらです。

試作品で試してみた結果、市販のホイッスルにも負けない程の大きな音が鳴りました。

 

実際に作ってみよう

実証実験は完了したので、後は本番用の加工を行います。

kakou

パソコンで指示をして。

BvkEuAjCQAAfZ0G

加工中。あとは待つだけ。

IMGP3114

完成しました!左側には使い方も彫っています。

IMGP3130

組み立て後(左)と組み立て前(右)の写真がこちらです。

組み立てると、市販のホイッスルにも負けないくらいの大きな音が鳴ります。

(お察しの通り、一度組み立てると元に戻す事は出来ません。まあ緊急用なので(^-^;))

いざという時、命(ライフ)を守るカードなので「ライフカード」という名前なんか良いんじゃないでしょうか。どこかで聞いた事がある様な気もしますが。

今回はこんな所で。ではまた(^-^)/~

 

——–

追記

※テレビでもお馴染みのあの明和電機様に褒められました。

card_whistle

 

※オリジナルマインド株式会社様が主催する「ものづくり文化展2015」にて明和電機様よりコメントを頂きました⇒オリジナルマインド様のものづくり文化展2015で「面白いで賞」を頂いた話

 

Wemakeのコクヨ文具デザインコンペでカード型ホイッスルが事前審査を通過しました

 

プラスチック射出成型で製品化中です