辛口タイ人が評価する岡山のお土産お菓子レビュー

標準

どーも(^‐^)/岡本です。

今回はタイ&岡山ネタです。

以前、岡山姫路を案内し、僕の友人と結婚したタイ人が、再び岡山に来てました。友人と結婚はしたものの手続きの関係で今回も短期滞在となりました。

せっかく岡山に来たので、色々な岡山のお土産を食べてもらい、採点してもらいました。きっと日本人とは異なった味覚での評価になるのかなと思います。

 

 

味、パッケージ、値段の3項目から採点して貰います。

以下の9種類の有名な岡山お土産を勝手にエントリーさせて頂いています。

廣栄堂本店元祖きびだんご、大手饅頭伊部屋 大手まんぢゅう、金萬堂本舗 きび田楽、橘香堂 むらすゞめ、古見屋羊羹 高瀬舟、NATIONAL DEPART ももたん 、おかやま桃子、果実工房 フルーツコラーゲンゼリー 岡山白桃、コロロン桃太郎ピーチパフ

定番お土産から新しいお土産までありますが、全て岡山駅の駅ビルで買えます。というか買いました。

 

絶対王者は不戦敗!

という訳で、エントリーされたお土産を買いに岡山駅の駅ビルにあるさんすて岡山様に行ってきました。

順調に買い集めて行きますが、岡山県民にとっての絶対王者、大手まんぢゅうが何処を探してもありません。(※対県外向けには岡山のお土産といえば「きびだんご」ですが、岡山県民が好きなのは大手まんぢゅうらしいです。ケンミンSHOWでそう言ってました。)

思い切って売り場のおばちゃんに聞いてみました。

 

僕「あの、大手まんぢゅうって何処にありますか?」

おばちゃん「今日は色んな人に大手まんじゅう聞かれたんじゃけど、昨日と今日は休みなんよー。明日には出来たてが届くけどなー」

 

…品切れとかじゃなくて、店は開いてるのに商品が休みとかあるんですね。…なんなんだ。

 

という訳で、残念ですが大手まんぢゅうは不戦敗とさせて頂きます。

 

DSC_2241

それ以外のお土産はこんな感じです。全て一番小さい箱を選んでいます。

ちなみにB(バーツ)の値段は購入日のレートで算出してます。

 

 

金萬堂本舗 きび田楽 (Kibi dengaku)200円(59B)

DSC_2231

串に刺さったきび団子みたいなお菓子ですが、ローストしたクルミが入っています。

この中では一番美味しいと味は最高評価で、値段も非常にリーズナブルで高評価でしたが、パッケージの評価は低めでした。

改めて僕も食べてみましたが、確かに美味しいです。

タイ人の評価⇒味:4、パッケージ:1、価格:5

 

おかやま桃子(Okayama momoko) 540円(160B)

DSC_2234

「とても可愛い」とパッケージの評価は最大級。日本的なパッケージの方が好まれるのかもしれません。

常温で食べたみたいですが、味は冷えたらもう少し美味しいかもと言っていました。

 

タイ人の評価⇒味:3、パッケージ:5、価格:3

 

橘香堂 むらすゞめ (Murasuzume) 650円(193B)

DSC_2239

岡山県の第二の都市、倉敷市の代表的なお土産といえば、この「むらすずめ」です。

ブツブツの穴がたくさん空いているので、人によっては「怖い」とか「気持ち悪い」と感じるトライポフォビア(=蓮コラ)系お菓子です。

吉備田楽に次いで2番目に美味しいとの高評価です。

タイ人の評価⇒味:4、パッケージ:3、価格:2

 

古見屋羊羹 高瀬舟(Takasebune)720円(214B)

DSC_2240

味は「ただ甘いだけ」という辛口評価でしたが、和風なパッケージはタイ人には高評価でした。

数が沢山入っている事も価格評価を押し上げた様ですか。しかし、もう少し小さい箱も有ると(個人的に)ありがたいですね。

タイ人の評価⇒味:2、パッケージ:5、価格4

 

タナベ コロロン桃太郎ピーチパフ (Kororon momotaro) 378円(112B)

DSC_2227

僕はこのお土産を知りませんでしたが、パッケージのユニークさから思わず買ってしまいました。

DSC_2228

桃太郎を模した箱になっていて、蓋の裏には手足が付いています。

DSC_2270

中身は小分けになっています。

DSC_2272

うまい棒の様なコーンパフにホワイトチョコレートがまぶしてあります。

 

しかし、

「こんなのタイなら15バーツ(50円)で買えるわ」という辛口評価でした。

 

タイ人の評価⇒味:3、パッケージ:4、価格:2

 

 

廣栄堂本店元祖きびだんご(Ganso kibidango) 410円(122B)

DSC_2233

前回の岡山への旅行時にもう食べたらしく、2回目だったので目新しさがなかったかもしれませんが、

岡山のお土産ナンバーワンのはずが、味も価格も評価は高くありませんでした

 

まあ、桃太郎の話を知らない人には、ただの求肥ですからね…。

 

タイ人の評価⇒味:2、パッケージ:4、価格:2

 

 

果実工房 フルーツコラーゲンゼリー 岡山白桃 (Fruits collagen jerry) 650円(193B)

DSC_2238

岡山の新しいお土産として、色々な賞を獲得しているらしいです。

細長い袋に入ったゼリーです。

ちょっと高かったからか、価格の評価は低め、味、パッケージは無難でした。

 

タイ人の評価⇒味:3、パッケージ:3、価格:1

 

NATIONAL DEPART ももたん(Momotan) 540円(160B)

DSC_2237

こちらも比較的新しいお土産です。

DSC_3323

僕個人としては好きで、よくお土産として持っていき日本人の評判も良いですが、タイ人からはなぜか酷評。

タイ人と日本人の味覚の違いが響いたのか、中身は4個入りですが、タイ人はとにかく数が多い方が良のかもしれません。

タイ人の評価⇒味:2、パッケージ: 3.5、価格 1

 

大手饅頭伊部屋 大手まんぢゅう (Ote manju) 756円(214B)

ちゃんと買えるようにして頂きたいです。

タイ人の評価⇒味:判定不能、パッケージ:判定不能、価格:判定不能

 

こんな所で、タイ人に岡山のお土産を渡す時には「きび田楽」が良いのではないでしょうか。

そんな機会は滅多にないでしょうが。

なお、評価はとあるタイ人の個人的な見解です。

 

とりあえず、今回はこんな所で。では(^-^)/

 

今更ながらiPhone5cを買った事とパッケージデザインについて

標準

どーも(^_^)/岡本です。

DSC_2037

突然ですがiPhoneをとっぱらいで買いました。

僕はAndroidのスマホをずっと使っていますが、最近、iPhone用アプリ開発もやっています。

しかし、やっぱ自分で持って、使い倒さないと本当の所はよく分からないな…と。

しかし、お金がないので、ヤフオクで安いやつを落札しました。

いわゆる白ロムっていう奴ですね。ちなみに新品未使用品です。

DSC_2039

出品者の方に丁寧に梱包して頂いてます。

DSC_2040

これが今回買ったiPhone5cです。一世代前の廉価バージョン(?)です

折角なので、iPhone5cのパッケージデザインも記録して行きます。

透明なプラスチックケースに入って、周りを紙みたいな物で巻いてあります。
本当に巻いてあるだけで、留めてはいません。

DSC_2064

裏側には穴があいており、JANコード(いわゆるバーコード)等と、リサイクルマーク(プラ)が見えるようになっています。

このJANコードは幅は細いし、色は薄いんですがちゃんと読めるんですかね?

DSC_2041

巻いてある紙を取ったところです。

プラスチックのケースに入っていてます。お金がかかっているなあ。あと特筆すべきは、電子機器なのに緩衝材が一切無いという点です。

次にデザインについてです。

DSC_2043

側面はこちら。商品名のみしか書かれていません。

DSC_2044

こちらはAppleのロゴのみ。

一般的な商品だと、商品の良い所などを訴求しているパッケージですが、情報量を徹底して削りまくりです。

DSC_2046

蓋を開けてみました。

左から蓋、本体、付属品です。

DSC_2047

一番右の商品の説明書を退かしてみます。

あれ、ちょっと待てよ、iPhone本体の裏に何かくっついてます。

DSC_2048

リーフレットが本体の裏に貼り付いてました。

シウマイ弁当のシュウマイが蓋の裏にくっ付いているあの感じで。

DSC_2050

本体のシールを剥がした所がこちら。流石新品。ツルツルです。

とりあえずこれから使い倒してみたいと思います。しばらくAndroidと2台持ちします。

 

あと、今までに記録したパッケージデザインはこちら。

ダイソン(Dyson)、アップル(Apple)のパッケージデザイン考

ミラーレス一眼(Nikon 1 J4)を買った&パッケージデザイン考

自分で作ったパッケージはこちらです。

素人の僕がオリジナル商品『鼻の穴皿』のパッケージ(化粧箱)を作った記録

 

とりあえず、こんな所です。では(^-^)/

ミラーレス一眼(Nikon 1 J4)を買った&パッケージデザイン考

標準

どーも(^-^)/~岡本です。

このゴールデンウィークの連休は久々にタイに行こうかなと思っています。

それについては、またブログでご報告したいと思います。

そして、せっかく旅行するのだから、綺麗な写真を撮影したいです。

DSC_0023

しかし、僕が今、使っているこのカメラは、非常に重いので、旅行で持ち歩くのには向きません。

そこで、新しくカメラを買う事にしました。

色々電気屋さんを回って見たり、ネットの評判を見たりして、一番カッコいいと思ったのがこれでした。

IMGP5605

買ったのは、このミラーレス一眼レフNikon 1 J4)です。

以前、パッケージを作った為、パッケージのデザインには興味を持ち始めています。

まずはパッケージを見てみます。

パッケージは白色ダンボールにフルカラー印刷で、表面には光沢処理がされています。

DSC_0025

上面の写真はこちら。

蓋が開かない様に、蓋をロック出来る機構「蓋ロック」が付いていて、テープ貼りなどを省けます。

印刷はメーカーロゴと商品名のみで整理されていますが、キャンペーンのシールが貼ってあります。

DSC_0026

前面はこちら。

こちらもメーカーロゴ、商品名と、商品写真のみというシンプルな印刷です。

DSC_0027

続いて、左側面の写真です。

こちらもシンプルですが、型式やレンズの情報、商品写真もあります。

DSC_0029

こちらは右側面の写真です。

情報は多いです。写真だと分りにくいですが、一番上の段のみ、箱に印刷されていて、中段以下はシールになっています。

恐らく、この部分は日本語が多く書かれているので、海外で販売する場合は、各国の言語のシールを貼って対応しているのかも知れません。

DSC_0028

こちらは背面です。

規格に関する情報がまとめられています。

DSC_0030

こちらの写真は底面です。

表示が義務付けられているリサイクルマークはここにありました。

底の構造ですが初めて見る構造で、切れ込みにはめ込んで固定しています。

底に糊を使っていないのですが、箱の内側からの力には強く重い物を入れても大丈夫そうです。

IMGP5607

蓋を開けた写真がこちら。

MicroSDカードや取り扱い説明書、保証書、パソコン用ソフトのディスクが、クラフト色(茶色)のトレイ状のダンボールに乗っています。

IMGP5609

トレイ状のダンボールを取り除いた所。クラフト色のダンボールで区切られ、プチプチに包れた商品が入っています。

この商品の箱を開ける時のワクワクする感じがたまりません。

IMGP5615

これが肝心のカメラです。小さいし軽い。

IMGP5616

電源を入れたらこんな感じにレンズが伸びます。

このカメラで色々な写真を撮るのが楽しみです。

ではまた(^-^)/~

素人の僕がオリジナル商品『鼻の穴皿』のパッケージ(化粧箱)を作った記録

標準

どーも(^-^)/岡本です。

IMGP4611

当ブログ初のオリジナル商品である『鼻の穴皿』が、一流雑貨チェーンヴィレッジヴァンガード様にて予約販売が開始されました(⇒ヴィレヴァン様の販売ページはこちら)。

商品化までに色々な作業をした中で、今回は『パッケージ(化粧箱)』の作成についてご紹介します。

そもそも商品は、そのまま裸で売っている事は少なく、ほとんどの場合『パッケージ』に入っていると思います。

『パッケージ』は商品を運搬しやすくしたり、衝撃から商品を守ったり、品質を保ったり、店舗で陳列しやすくしたり、またパッケージに印刷する事によって情報を伝えたり、広告としての効果を持たせる事もあります。また、パッケージ自体が商品を構成する一部になる事もあります。

(例えばカップ麺のパッケージ(カップ)は調理器具や食器としての機能も持ちます)

この様に、オリジナル商品を作る際は、パッケージの事もよく考える必要があり、もちろん、予算も確保しておかなければなりません。

今回、『鼻の穴皿』用のパッケージを作るにあたって、市販の陶磁器のパッケージを調べました。

陶磁器のパッケージはほとんどが無地のダンボールの事が多く、その上からステッカー等を貼っている事が多かったです。

無地ダンボールにステッカーは値段が安く抑えられ、それなりに見栄えもするので、僕も最初はその方法にしようかなと思いましたが、ちょっと問題がありました。

まず、この『鼻の穴皿』を買うのは恐らくプレゼント用だと思います。

そもそもヴィレヴァンで買い物をする方はプレゼントを探しに来る人が多いらしいです。

無地ダンボールはプレゼントには相応しくないかもしれません。

更に、他の多くの商品は、その商品だけで成立しますが、この『鼻の穴皿』は『ひじき』を乗せるか『ケチャップ』を乗せるまでは完成しません。

つまり無地の箱に入れて渡されただけだと何なのか分りません。

そこで、パッケージに『ひじき』か『ケチャップ』を乗せた使用イメージを表示したフルカラー印刷で作成する事にしました。

フルカラー印刷は食器のパッケージでは割と珍しいと思われます。

 

では、まずは商品写真を撮影していきます。

『鼻の穴皿』の作成をお願いした窯元から完成品サンプルが送られてきたので、それを使用します。

IMG_20141220_122904

写真にある白い覆い(撮影ブース)はこの為に新しく購入しました。安いやつです。照明は僕の机で使っているデスクライトです。

商品写真は商品(鼻の穴皿)の使用イメージを伝えるものですが、『ひじき』だと使用頻度が少な過ぎるかなと思い『ケチャップ』を乗せて撮影してみます。

IMGP4186

こんな感じです。

ケチャップがちょっと古くなってるのか、思っていたよりも色が汚く、表面がボコボコしていて写真栄えしません。

IMGP4195

そこでケチャップにトマトジュースを混ぜてみる事にしました。

IMGP4199

適当に混ぜます。

IMGP4202

トマトジュースが多すぎました。

hananoanasara1

トマトジュースとケチャップのベストな組み合わせを調整し、別で用意したポテトと手の写真を合わせた物がこちら。

それなりに見栄えがする商品写真になりました。

 

続いて箱を作っていきます。

この『鼻の穴皿』は陶磁器ですので、箱の中でガタガタと動くと割れる可能性があります。

しかし追加で緩衝材を入れるのもめんどくさいです。

そこで商品にピッタリの大きさの箱を作る事にします。(個体差で多少大きさが変化する事も考えられるので、ほんの少し余裕を持たせています)

ピッタリの大きさを調べようと思いましたが『鼻の穴皿』は形状がちょっと特殊で、ノギスものさしでは上手く大きさが測れません。

そこで(手前味噌で恐縮ですが)まずは、当方運営のサイト『原寸大・実物大』のPDF展開図印刷機能で箱を印刷します。

IMGP4193

この様にサイトで展開図を作って印刷し、切り抜き、組み立てて、入れてみるを繰り返します。

そうして、ピッタリの大きさを求めました。

 

大きさが確定したら、次は製箱業者様に発注をかけます。

IMGP4251

製箱業者様より上がって来た試作品のサンプルがこちら。

底面を組み立てる『地獄底』と呼ばれるタイプのものです。

今回の『鼻の穴皿』の様な陶磁器など、重い物を入れる箱には多く見られます。

また材質はダンボールで、ダンボールの厚みが緩衝材としての役割も果たします。

IMGP4257

入れてみました。

通常、この様な箱の場合、底面の部分が下に来る事が多いと思われます。

しかし、今回は底面が横に来るよう使います。

色々なパッケージを店で調べていた時『土鍋』のパッケージで同様の使い方をしているケースがありました。

IMGP4254

IMGP4255

ピッタリ収まりました。

そして、それらと平行して、最初に作った写真を使用し外装のデザインを作成します。

パッケージのデザインについては興味があったので、以前、ダイソンやAppleのパッケージを調査していました

鼻の穴皿化粧箱20141225

作成したデザインがこちら。

ポテトの黄色とケチャップの赤が映えるように、薄い水色にしました。

あと、なるべくシンプルなデザインにする作戦です。

 

こちら印刷データを製箱業者様にお送りしてしばらく待つと。

IMGP4976

こんな感じで完成品になりました。

組み立ては自分でやります。

IMGP4611

完成がこんな感じ。

ちなみに、こういう箱の表面処理は、光沢が有る方が一般的だと思います。

しかし、ダイソンのパッケージがマット(光沢無し)でかっこよかったので、マットにしてみました。

パッケージ作りの参考になりましたら幸いです。

ダイソン(Dyson)、アップル(Apple)のパッケージデザイン考

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先日、スマホの電源ボタンを押したら、引っ込んだまま戻らなくなりまして、修理とか大変でした。

まあ、そんな事はどうでも良いのですが。

 

最近、商品のパッケージに興味を持っています。

物を買っても商品のパッケージはすぐに捨てていがちですが、調べて見れば、なかなか奥が深くて面白いです。

たまたまダイソン(Dyson)様の掃除機を買う機会がありましたので、捨てる前に写真を撮って記録しておきました。

ダイソン様のプロダクトデザインは本当に素晴らしく、プロダクトデザイン「かくあるべし」という教科書みたいです。そして、もちろんパッケージデザインも同じように素晴らしいです。

 

ダイソンの掃除機のパッケージデザイン

IMGP4133

こちらがパッケージの上から。白い背景にフルカラー印刷。表面処理はマット(光沢なし)にしている様です。

一般的に家電のパッケージ(梱包)は、ダンボール色(黄土色)に単色刷りが多く、その方がコストが安いはずですが、パッケージにもこだわっているのが分かります。

内容は商品の写真と最小限の文字のみで、情報量はかなり少なく、整理されている印象です。

材質はダンボールなので、多少クッションの役割も果たすと思います。

IMGP4130

側面も同じく写真と最小限の文字のみの印刷でした。

こちらも情報は最小限で構成されています。

 

一方、反対側はうってかわって情報量が多いです。

注意書きや、バーコード、リサイクル識別マーク(プラ、ダンボール)や、配送時のケアマーク(横積禁止、壊れもの、水濡れ防止など)、シリアルナンバーなども表示されています。

リサイクル識別マークの表示は義務なので表示しなければなりません。

 

IMGP4142

こちらは背面です。背面も情報量は多く、ジェームスダイソンさんのメッセージや、技術の説明などがあります。

面白いなぁとの思ったのがこの面だけ横向きになっている事です。

一個上の写真に『横積禁止』のケアマークがあるのですが、この面を読もうとして、この面の上側を上に向けると、禁止されているはずの『横積』になるという罠。

IMGP4134

パッケージを開けるとこの様になります。裏側も表側と同じ様に白色にすることも出来たはずですが、裏面は一般的なダンボール色になっていました。

緩衝材などは使われておらずエコです。

 

Apple iPadのパッケージデザイン

続いて、こちらもプロダクトデザインやパッケージデザインのお手本、世界のアップル(Apple)様のiPad with Retina Displayです。

IMGP4163

パッケージ正面から。背景の白地にフルカラー印刷で、表面処理はマット、商品のイラストのみです。

前述のダイソンよりも更に情報が少ないです。

さらに、iPadのイラストも、ほぼ真横から見たイラストになっている為、ほとんどが余白です。iPadとその薄さのみを訴求したデザインです。

もしかしたら、ディスプレイの視野角の広さも表現しているのかもしれません。

箱の材質も変わっていて、厚紙と思われます。ダンボール比べるとクッションとしての働きは期待できそうに有りません。電子機器なのに。

でも高級感は抜群です。

捨ててしまったのですが、これの更に外箱があったので緩衝材としてはそちらがメインなのかも知れません。

 

IMGP4166

側面にはただ『iPad』の文字のみ。反対側も一緒です。

IMGP4164

裏側には多少情報が有りますが、ほとんど余白です。

表示が義務付けられているリサイクル識別マーク、物流上必要なバーコードは付いてます。

しかし通常、バーコードは白地に黒ではっきりと印刷した方が読み取り率が高いはずですが、薄い色で印刷されています。

また、バーコードの大きさは規格で決まっていますが、かなり小さい気がします。何よりもデザイン重視という感じがいかにもAppleらしいです。

箱は蓋部分と底部分に分かれた、ギフトの箱などに良く用いられる組箱といわれる形状です。

高級感がある形状ですが、電子機器ではあまり見られません。

 

 

と、こんな感じで、ダイソン、アップルのパッケージデザインは共に白を背景にして、シンプルで分かりやすい所など、似たところも多いですが、それぞれに特徴的な工夫も見受けられます。

また、面白いパッケージデザインがあれば紹介していきたいと思います。

 

——-
追記

▼その他のパッケージデザイン考↓↓

ミラーレス一眼(Nikon 1 J4)を買った&パッケージデザイン考

今更ながらiPhone5cを買った事とパッケージデザインについて

▼自分でパッケージデザインを作った話↓↓

素人の僕がオリジナル商品『鼻の穴皿』のパッケージ(化粧箱)を作った記録