タイお化けのガスーの映画『Krasue Kud Porb』、『Demonic Beauty』、『Krasue Valentine』を見た

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回も僕の中でマイブームになっている『ガスー』について。

gasuu

『ガスー』というのは、生首の下に内蔵がぶら下がった姿で飛び回る女性のお化けです。

僕のタイ人の友人()の村では、ガスーを何十人もの村人が目撃して、松明(たいまつ)を持って追い払った事件があったそうです。

見た目はグロテスクなのですが、色々なエピソードがあって、文化の違いを感じてとても興味深いお化けです。

(ガスーについては以前、詳しく調べているので「『お化けのガスー』について調べてみた」も見てみてください)

 

そこで、タイに旅行に行った友人と、タイ人の友人に頼んで、ガスーのグッツ買って来てもらいました。

タイ人の友人は「なぜ、そんなにガスーが好きなんだ?」というリアクションでかなり不信がっていました。

2人の友人がバンコクのビデオ店をしらみつぶしに回って探してきてくれたのが、こちら。

IMGP4941

ガスーの映画の『VCD』3本セットです。

『VCD』というのは映像の入ったCDの事です。

日本ではDVDが普及していてほとんど見かけませんが、アジアでは良く見かけます。

映像はDVDよりは汚いですが、その分安いです。

日本のDVDプレイヤーもほとんど対応しています。

 

ちなみに、日本語字幕はもちろん、英語字幕もありません。

僕のタイ語は、挨拶と、ごく簡単な文、数字をかぞえる位ですので、ほとんど理解できません。

表情とか身振り手振りとかでなんとなく内容が分かる程度ですが、割と楽しめました。

 

IMGP4952

Krasue Kud Porb(ポーブに噛み付くガスー) – 1980年

まずは、この3本の中で一番古い1980年公開の『Krasue Kud Porb(ポーブに噛み付くガスー)』です。

『ポーブ』と『ガスー』が対決するという内容です。

『ポーブ』というのは内蔵を食べるタイのお化けの事らしいです。

通して見たのですが、ほとんど内容が理解できませんでした。

もしかすると、VCDが不良品で、映像が途中で飛んでいるのかもしれないと思いました。

内容が理解できてないので確認はできません。

この映画でのガスーは心臓が赤く光り、内臓は心臓と消化器官のみのシンプルなものでした。

 

IMGP4949

Krasue(ガスー) – 2002年

続いて、2002年公開の『Krasue(ガスー)』です。

英語の題名は『Demonic Beauty(悪魔美人)』です。

ガスー誕生の伝説を映画化した内容で、以下ストーリーの概要です。

===============

タイは、18世紀半ばにクメール帝国(現在のカンボジア)を破り、美しい姫タラワディを捕虜にします。

タイの支配者は彼女の美しさを見て結婚しますが、その後タラワディが他の男と恋に落ちている所を目撃します。

タイの支配者はその男には斬首刑を、タラワディには火あぶりの刑を宣告します。

タワディは処刑を待っている間、遠い遠い小さな村に彼女に瓜二つの若い女性ダオゥが住んでいると、仲間の受刑者から聞きます。

タラワディの処刑が執行され、炎が彼女の周りに広がると、彼女はダオゥの身体に乗り移るために魂を送り始めます。

ちょうどその頃、ダオゥは村での争いから恨みを買い、呪いの魔法をかけられ死んでしまいます。

しかし、すぐにダオゥの死体にはタラワディの魂が宿り、よみがえって皆を驚かせました。

ダオゥの身体はダオウの物でしたが、彼女の一部は復讐のお化けガスーとなりました。

ダオゥは日中普通の生活をして過ごしますが、夜には飢えが彼女を支配し、頭と内蔵だけが、身体から離れガスーとなり、血と内臓を探しに飛んでいきます。

ガスーを目撃した村人は騒ぎ出します。

===============

この映画のガスーも、心臓が赤く光るのは同じですが、ガスーになると額に紋章が現れ、ドラキュラのような牙もあります。

首からぶら下がった内蔵には肺も含みます。

 

IMGP4946

Krasue Valentine(ガスー・バレンタイン) – 2006年

最後に、この中で一番新しい2006年公開の『Krasue Valentine(ガスー・バレンタイン)』です。

以下、ストーリー概要です。

===============

サオは、バンコクの古びたランダウン病院で働き始める若い女性看護師です。

サオの到着するのを見かけた青年ヌムは身体障害者で恥ずかしがり屋の病院の雑用係です。

薔薇売りの少女がヌムの元へやって来て、彼に薔薇を購入する様に説得します。

ヌムがお金を払うと、少女は二人の間を取り持つ為にサオに薔薇を渡しました。

その後、サオは病院の裏にある、使われなくなった体育館と古い死体安置所の近くにある古い家に部屋を借りました。

サオはこの病院に来る前に、深夜になると頭と内臓だけが体から抜け出し、ガスーになってしまうため失恋します。

その理由が分らず落ち込みますが、それを乗り越えこの病院へやってきました。

そして彼女はやはり深夜になるとガスーとなって、病院の警備員を恐怖に陥れます。

===============

こちらの映画も結構面白かったです。

肝心な所の意味は分りませんでしたが、この映画のガスーも赤く光ります。

キバや額の紋章はありませんでしたが、肝臓などより多くの内臓が一緒に飛んでいきます。

この『ガスー・バレンタイン』に出てくるガスーの内臓は実際よりかなり小さいと指摘されているらしいです。

 

この様に、この3本の映画でのガスーは赤く光っています。

しかし、タイで実際にガスーを目撃した村人は、ガスーは緑色に光っていたと言っていたそうです。(タイ人の友人談)

『お化けのガスー』について調べてみた

標準

どーも(^-^)/岡本です。

突然ですが、『お化けのガスー』を知っているでしょうか。

gasuu

『ガスー(Krasue)』と言うのは、タイなどの東南アジア諸国に伝わるお化け(妖怪)のことです。女性の生首に内臓がぶら下がった姿で、弱い光を発して浮遊します。

以前、岡山に遊びに来た()タイ人の友達によると、彼女のお父さんの故郷『カムぺーン ペッ(Kamphaeng Phet)』の村にガスーが出た事があるそうです。

kamphaeng_phet
↑カムペーン ペッ県の位置

村人が松明を持って追い掛け回したら、それ以降は出てこなくなったそうです。映画で描かれるガスーは赤く光る事が多いのですが、実物は緑色に光っていたそうです。

たくさんの村人が同時に目撃したのと、近距離(ガスーの顔が確認できるくらい)だったそうで、目撃情報としては有力な方かなと思います。

あと最近でもYoutubeにガスーの映像がアップされて、タイでニュースになったりもしていますが、ガスーについての日本語の資料があまり無いみたいだったので調べました。

 

なお、『ガスー』の言い伝えが諸説ある事や、日本語の資料がほとんど無いため、翻訳を間違っている事が有るかも知れませんが、以下ガスーについての説明です。

タイ語で『お化け』は『ピー(発音:→↑)』と言いますので、『ピーガスー(お化けのガスー)』とも言います。タイ語の発音(Krasue)をカタカナ標記にしている関係で、『クラスー』とか『グラスー』、『カスー』等と標記される場合もありますが、ここでは『ガスー』で統一しています。

 

ガスーは、タイ以外の東南アジアの国々でも信じられていて、カンボジアではアープ(Ahp)、ラオスではカス(Kasu)と呼ばれていて、マレーシアインドネシアの神話にも見られ、ペナンガラン(Penanggalan)やペナンガル(Penangal)、レヤックリーク(Leyak)等の名前でも呼ばれます。

 

 

 

タイ民族誌学者のプラヤー・アヌマーン・ ラーチャトン(Phraya Anuman Rajadhon)[1888-1969]によると、ガスーは浮遊する頭と鬼火(ひとだま)から構成されると提唱しました。(つまり内蔵は無い)

ガスーは若くて美しい女性の姿である事が多いです。

ガスーは日中は普通の人のように生活しますが、夜になると静かな場所に身体を隠して、頭と内蔵だけが空を飛び、家畜を襲って血や内蔵をむさぼります。

血や内蔵が手に入らなければ、排泄物(うんこ)や死肉を食べる事もあります。

夜中、外に干したままの洗濯物が、朝になって血や排泄物で汚れていたら、それはガスーが口を拭った跡だと信じられています。

また、ガスーは出産中の妊婦胎児も襲います。後産(胎盤)が大好物です。

ガスーは恐ろしい鋭い鳴き声を発しながら、妊婦の家の周囲を飛び回ります。

妊婦の家族は、家の周囲に棘のある植物の枝を置きます。ガスーは内蔵に棘が引っ掛かるのを嫌がるので、侵入を防げると信じられています。

また、出産後は胎盤を遠く離れた場所に埋めなければなりません。

十分に深く埋めるとガスーは見つける事が出来ません。

もしガスーの元の身体(首から下の身体)を隠したり破壊したりして、ガスーが元に戻れないまま夜が明けるとガスーは苦しみながら死んでしまいます。(また元の体に赤い印をつけるとガスーは自分の身体を見つけられなくなります。)

 

ガスーに対抗する為には、松明(たいまつ)と(ナタ)を持ち、集団で行動する必要があります。

ガスーを捕獲して殺すか、ガスーが夜明け前にどこに行くかを確認し、身体を破壊します。

一部の言い伝えでは焼いて破壊する事が出来ると言われています。

また、ガスーはガハン(Krahang)という男性の姿のお化けと同じ地域に住む事が多いと言われます。

(ガハンは2つの(ふるい)を使って飛び、股には長いすりこぎに乗って、人々を驚かせるお化けです。)

krahang

↑ガハンのGoogle画像検索結果

これは文化の違いですが、日本人の感覚からするとガハンはどちらかと言えば、お笑い担当のお化けですね。でもタイ人には怖いらしいですが。

 

 

ガスーはベトナム西部の山岳部族の社会を経由し、マライとして、ベトナムの民間伝承の一部にもなっており、また中国には飛頭蛮という似た妖怪も知られています。

フィリピンのシキホル島には妊婦につきまとうマナナンガル(Manananggal)という、似た魔女の伝承もあります。

マナナンガルは昼間は人間の姿をしていますが、夜になると下半身を切り離し、背中に蝙蝠の羽を生やして空を飛び、人間を襲って血を吸うと言われていて共通点は多いです。

manananggal

↑マナナンガルのGoogle画像検索結果

また日本の妖怪ろくろ首は、首が伸びる妖怪として知られていますが、江戸時代以前は首が飛び回る妖怪(抜け首)だったそうです。

ろくろ首は多くが女性として描かれている事や、ろくろ首も日中は普通の人として生活している事、首が飛び回るろくろ首(抜け首)は、夜中に人間を襲って血を吸うと言われている事などガスーとの共通点も多く、元は同じ物だったのではないかと思います。

今でもタイではガスーを題材にした映画がたくさん作られる程、人気があります。

 

——-

(追記)

その後、僕がタイ旅行に行った時、友人にカムペーン ペッの村まで案内して貰えるように頼みましたが、ガスーの呪い?を理由に断られてしまいました。

また別のタイ人の情報によると、カンボジアとの国境近くのシーサケートスリンに行き、夜中森や畑を歩いているお坊さんに付いて行けばガスーが見えるかも知れないそうです。

ガスーの映画3本『Krasue Kud Porb』、『Demonic Beauty』、『Krasue Valentine』を入手して、見てみました

タイ人のお客さんに姫路の案内をした話

標準

どーも(^_^)/岡本です。

先日、岡山の案内をした、日本に遊びに来ていたタイ人ですが、先週の週末にも引き続き滞在中でした。

今度は前は行けなかった姫路を案内することになりました。台風が迫っていたので、影響が少ない土曜日に、僕含め3人で車で出掛けました。

もちろんメインは姫路城です。

そして、日本でまだちゃんとしたラーメンを食べていないとのことでしたので、まずは姫路の一徹らーめん様に行くことにしました。こちらのお店は、僕が見たとき姫路のラーメンランキングで1位だったお店です。

続きを読む