チョコで倉敷美観地区のジオラマを作る!その2 色々な実験をする

標準

チョコで倉敷美観地区のジオラマを作る!その1 3Dモデルを作ろうの続きです。

どーも(^-^)/岡本です。

bikan_histrical_blender16

前回は倉敷美観地区の3Dモデルを作成しました。

今回は倉敷考古館をチョコレートで作成していくのですが、色々と実験しながら進めていきます。

 

倉敷考古館の模型をCNCフライス盤で削り出す

bikan_histrical_blender17

まずは3Dソフトで倉敷考古館の(ひさし)を別パーツにします。

bikan_histrical_meshcam2

次にCNCフライス盤で削るための経路データを作ります。

↑の黄緑色の線は加工用の刃(エンドミル)が通過する経路です。

DSC_0108

そして、今回の加工の為に購入した加工用の刃(エンドミル)です。

3本で8千円弱。3本も要るの?と思うかもしれませんが、折れちゃうからです。割と簡単に。

正直、コストが凄いです。チョコレートジオラマは僕なんかが手を出してはいけない、貴族の遊びかも知れません。

bikan_histrical_usbcnc1

さて、制御ソフトを起動して、実際に加工を開始します。

DSC_0144

この様に加工が完了しました。

DSC_0152

完成したものがこちら。

DSC_0148

次の工程の為に、なまこ壁を深めに彫ってみましたが、そんなに深くは感じないですね。

 

倉敷考古館の模型のシリコン型を取る

IMGP5619

食品用シリコンを用意します。

A液とB液を同じ量混ぜ合わせると固まります。

IMGP5621

ちゃんと重さを計り、

IMGP5623

混ぜます。

IMGP5627

混ぜたら、泡が入らない様にゆっくりと注ぎ入れます。

大体8時間くらいで固まります。

IMGP5638

翌日、固まったシリコンを型から抜けばシリコン型の完成です。

 

新しい色のチョコレートを作る

続いて、新しい色のチョコレートを作る実験をします。

何故、そんな必要があるかと言えば、チョコぴつチョコペンは色数が限られています。

IMGP5216

ちょこぴつだと10色。

チョコぴつチョコペンを混ぜて新しい色を作っている例は、ネットで僕が調べた範囲では無かったので手探りで行います。

DSC_0156

100均で売られている絞り袋を用意します。

DSC_0159

絞り袋を取り出すとこんな感じです。

DSC_0158

チョコぴつ(白と黒)を温めて

DSC_0161

絞り袋に入れ、指でビニールの上から混ぜてやると、グレーを作る事が出来ました。

先をハサミで切り取れば、そのままチョコレートを流し込んで使えます。

 

シリコン型にチョコレートを流し入れる

DSC_0167

そして、先に作っていたシリコン型に、新しく作ったグレーと、白、黒のチョコレートを流し入れます。

DSC_0171

十分に冷やして固め、シリコン型から抜いた所がこちらです。

間違って扉の下の部分も、グレーで埋めてしまいました。

とりあえず、これは試作なのでこのまま続けます。

そして恐らく、このチョコレートジオラマで最難関かつ、倉敷らしさを表現する為に最重要な、なまこ壁を作っていきます。

bikan_image1

考えたなまこ壁の作り方です。(横から見た図)

白色チョコレートの溝に、黒色のチョコレートを流し入れ、なまこ壁を表現します。

そのために、少しなまこ壁は深めに彫っておきました。

DSC_0172

 

あれ?ダマになるんですけど…

 

 

 

DSC_0174

とりあえず全部に流し入れましたが、上手く黒色チョコレートが白色チョコレートに沿ってくれません。

もっと全体を大きく作れば、少しくらいダマになっても目立たないですが、そうするとジオラマ全体が果てしなく巨大な物になってしまいます。

なんとかこの大きさで綺麗ななまこ壁を表現したいです。

次に考えたのが、

bikan_image2

白色のみ別の型でパーツを作り、作った白色のパーツを型に乗せ、黒色を裏側から流し込むという方法です。(分かりにくくてすみません)

DSC_0201

白色のチョコレートが無くなってしまったので紫を使用しました。

実験の為一部のみを作って試しました。

しかし、この方法はチョコレートの強度が足らず、チョコレートを型から抜く時にボロボロになってしまいました。

うーむ…正解が見えません。

続きます。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

チョコで倉敷美観地区のジオラマを作る!その1 3Dモデルを作ろう

標準

どーも(^o^)/岡本です。

以前、チョコレートでパンのあれ(バッグクロージャー)を作ったり、

IMGP5590

チョコレートで料理ミニチュアを作ったりした所、大変好評を頂きました。

そこで、今回の企画では、ちょっと大きいものを作ろうと思います。

64607

倉敷美観地区を、チョコレートで作りたいと思います。

チョコレートで作るジオラマですね。

 

3Dモデルを作ろう

まずは、チョコレートの型を削りだす為の3Dモデルを作ります。

64593

最初に↑この倉敷考古館の建物を3Dで作ります。

bikan_histrical_blender1

異常にシンプルですが、後で細かいディティールは追加します。とりあえずこれで。

bikan_histrical_blender2

倉敷考古館を地面に乗せます。

bikan_histrical_blender3

埋め立て工事を行って、地面を拡張していきます。

bikan_histrical_blender4

川舟を浮かべ、対岸を追加します。

64595

豆菓子専門店「豆吉本舗」様(写真中央)を追加します。

bikan_histrical_blender5

を架け、倉敷考古館も少し伸ばします。

bikan_histrical_blender6

更に土地を広げていき、川に下りる階段を加えます。

bikan_histrical_blender7

豆吉本舗様に細かいディティールを追加していきます。

bikan_histrical_blender8

とりあえず一旦ここまで。

チョコレートにした時の強度や、どう色分けするか、どの方向からチョコレートを抜くかを考えながら作っていきます。

bikan_histrical_blender9

塀の上の瓦を作ります。

bikan_histrical_blender10

最初に作った倉敷考古館に細かなディティールを加えていきます。

まずは入口を加えます。

bikan_histrical_blender11

庇や窓を加えます。

bikan_histrical_blender12

次に、なまこ壁を作ります。

なまこ壁とは、平らな瓦を並べ、隙間に漆喰を盛り付けた壁の事で、倉敷美観地区の象徴です。

bikan_histrical_blender13

コピー&ペーストでなまこ壁を貼り付けてます。

貼り付けていくと、他のパーツとの接続部分にポリゴンの隙間や重なりが生じます。

これらは放置すると後の機械加工の工程で都合が悪いので、辻褄を合わせる作業を行います。

この辻褄を合わせる作業が、地味で滅茶苦茶時間が掛かる上に、見た目はほとんど進まないため、心が折れそうになります。

bikan_histrical_blender14

倉敷考古館(前面)が完成しました。

やばい。もう心が折れそう。

bikan_histrical_blender15

倉敷考古館のなまこ壁を流用する形で、豆吉本舗のなまこ壁も作ります。

しかし、倉敷考古館のなまこ壁はほとんどが水平に並んでいるのに対し、豆吉本舗は大半が斜め45度になっていて、あまり流用できません。

めんどくさいですね。

bikan_histrical_blender16

だいぶん出来上がってきましたが、まだまだ先は長いです。

つづく?(気力が)

(追記)

チョコで倉敷美観地区のジオラマを作る!その2 色々な実験をするへ続きます。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

カレー味のカレーを作っただけの話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回はこの前の土曜日にカレーを作っただけの話です。

IMGP5550

ビーフカレーを作ろうか、シーフードカレーにしようかと悩んだ挙句、両方を使う事にします。

IMGP5554

あと飴色玉葱を作ると美味しくなるらしいので、やって見ようと思います。

IMGP5557

炒めます。

IMGP5561

飴色になる前になんか焦げてしまいました。

IMGP5562

野菜を炒めます。

IMGP5567

煮込みます。

IMGP5571

突如、カレーにシーチキンを入れたら美味しいんじゃないかと思い付き、入れてみます。

IMGP5577

完成しました。

IMG_20150330_130833

弁当にカレーを入れるのはどうかなと思いましたが、意外にいけます。

このカレーで土曜日から火曜日まで食い繋ぎました(^-^;

今回はこんな所で、ではまた(^o^)/

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

【菓子化】ミニチュアのチーズバーガーをチョコっと作った話(Made of Chocolate)

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先週に引き続きまして、今週もチョコレートミニチュアを作成します。

今回作るのは

cheeseburger

チーズバーガーです。

基本的な工程は前回の料理ミニチュアと同じなので、サクッとご紹介します。

cheeseburger_blend

3Dモデルを作り、

IMGP5422

削ります。

IMGP5430

削り終わった所はこんな感じです。

IMGP5431

綺麗に洗ったら、

IMGP5435

食品用シリコンを流し込み、一晩置きます。

IMGP5443

シリコンが固まったら、爪楊枝で剥がしていきます。

IMGP5444

抜き取った所

IMGP5458

シリコンに

IMGP5459

チョコを乗せます。これはパテ。

IMGP5452

バンズ

IMGP5461

レタス。

IMGP5478

冷やして固めたら、

IMGP5479

抜き取ります。

IMGP5472

赤色のチョコレートで接着していきます。

IMGP5473

IMGP5489

完成です。

IMGP5483

IMGP5494

IMGP5497

前作ったやつと並べてみました。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

【菓子化】チョコでミニチュア料理を作った話(Made of chocolate)

標準

どーも(^-^)/岡本です。

IMGP5281

昨日、ミニチュアのお皿チョコレートで作った話の続きです。

今日はこのお皿に載せる料理をチョコレートで作りたいと思います。

blender_friedebi

omurice_blender

まずは3DCGソフトで形状を作成します。

omurice_nc

制御ソフトはこんな感じ。

IMGP5286

昨日削ったケミカルウッドを更に削ります。

IMGP5288

どんどん削ります。

IMGP5241

次に食品用シリコンを使用します。

IMGP5294

シリコンを削った穴に流し込みます。

IMGP5297

一晩置いて固まったら、シリコンを爪楊枝で剥がしていきます。

IMGP5298

シリコンを剥がした所。

IMGP5339

先にオレンジ色のチョコレートを乗せます。

IMGP5344

オレンジ色のチョコレートを冷やして固めた後、その上から、白色のチョコレートを乗せます。

IMGP5345

白い色のチョコレートが固まったら、ふちに茶色のチョコレートを乗せて固めます。

この茶色は焦げのつもりです。

IMGP5346

冷やして固めたら、皿のチョコレートに、溶けたチョコレートで接着します。

目玉焼きの完成です。

IMGP5386

完成度に納得できなかったので、もう一度作り直して、ちゃんとフォトブースで撮影したのがこちら。

IMGP5387

半熟目玉焼き(左)と焼き過ぎ(右)。

IMGP5300

続いてシリコンにオレンジのチョコレートを流し込み、冷やして固めます。

IMGP5364

温めて溶かしたチョコレートを皿のパーツに乗せて、

IMGP5365

冷やして固めたパーツを接着します。

IMGP5351

赤色のチョコレートで、エビフライの尻尾を作ります。

IMGP5352

先日作っていた半月型のシリコンに黄色のチョコレートを入れて固めます。

IMGP5353

白いチョコレートを乗せて、固めます。

IMGP5360

先に作っていた皿にチョコレートで接着します。

これはレモンのつもりです。

IMGP5361

黄緑色のチョコレートを皿に乗せて固めます。

パセリのつもりだったのですが、レタスっぽいのでレタスにします。

IMGP5391

白色のチョコレート(タルタルソース)をエビフライに乗せ、エビフライの完成です。

IMGP5324

シリコンに黄色のチョコレートを流し入れます。

IMGP5355

皿のチョコレーにチョコレートで接着します。

この黄色のパーツはあまり綺麗に抜けずボロボロになりました。

IMGP5358

赤い色のチョコレート(ケチャップ)を乗せます。

これはちょっとチョコレートの熱が足らなかったみたいです。

IMGP5359

パセリのつもりの緑色のチョコレートを乗せます。

ちょっと出来がよくないので、作り直します。

IMGP5392

チョコレートがよく溶けて、上手くできたのがこちら。オムライスの完成です。

これも綺麗な写真にするためフォトブースで撮影してみました。

IMGP5397

3つ並べてみます。

思ったより全体的に色が薄いのですが、まあまあ思った通りの物が出来ました。

また何か作ります。

ではまた(^-^)/

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

【菓子化】チョコでミニチュアの皿を作った話(Made of chocolate)

標準

どーも(^-^)/岡本です。

IMGP5151

先日、↑パンのあれをチョコ化した所、想像以上の反応をいただきました。

そこて、また何かチョコレートで作れないかと調べていると、

IMGP5208

IMGP5216

チョコぴつという物があって、100均のセリアに売っているという事が分りました。

チョコぴつはカラフルなのチョコレートのペンです。ダイソーにはチョコペンという物も売られています。

前回はホワイトチョコにチョコレート用色素を混ぜて、結構めんどくさかったのですが、カラフルなチョコレートが安く入手できるなら、色々な物が作れそうです。

今回はまず手始めにチョコレートで出来たミニチュアの皿を作りたいと思います。

screenshot_3d_donburi

3DCGソフトを使ってまずは形状を作っていきます。このソフトはBlenderという無料の3DCGソフトです。

ちょっと操作性に癖があって使いにくいですが、簡単な形状なら問題無く作れます。

meshcam

形状から削り出しのデータを作成します。

IMGP5236

そして今回の材料はこちらのケミカルウッドを使います。

このケミカルウッドは木に似た材質ですが、木ではなく、とても切削がしやすい材料です。

IMGP5226

CNCフライス盤で削っていきます。

usbcnc

CNCフライス盤の制御ソフトの画面。

IMGP5232

完成しました。

IMGP5241

続いて、この食品用シリコンを使います。

IMGP5242

食品用シリコンの2つの液を同じ量混ぜます。

IMGP5243

気泡が入り込まないように少しずつ流し込んでいきます。

IMGP5247

全て流し込んだ所。

IMGP5265

6時間後、食品用シリコンが固まりました。(半月型は気にしないでください)

IMGP5273

白のチョコぴつを湯で温めて、溶かします。

IMGP5275

食品用シリコンにチョコぴつを乗せて、冷やします。

IMGP5280

固まって取り出したところ。白色なので分りにくいですが、

IMGP5281

光の当て方を変えると、こんな感じです。

チョコレートで出来た小さなお皿が完成しました。

次はこの皿に載せるミニチュア料理をチョコレートで作りたいと思います。

では、また(^-^)/~

【菓子化】チョコでミニチュア料理を作った話(Made of chocolate)へ続く

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

『パンのあれ』をチョコ化した話のTwitterなど反応まとめ

標準

どーも(^-^)/岡本です。

昨日、『パンのあれ』をチョコで作った件ですが、おーぷん2ちゃんねるという掲示板サイトに、製作過程を書き込んでいました。

その後、色々なまとめサイト様にまとめて頂きました。

僕が普段良く見る有名まとめサイト様にもまとめられました。

りぷらい速報様
http://repsoku.net/articles/67638.html

ソニック速報様
http://sonicch.com/archives/42993489.html

キニ速様
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4325214.html

暇人\(^o^)/速報様
http://himasoku.com/archives/51890244.html

アルファルファモザイク様
http://alfalfalfa.com/archives/7823389.html

流速VIP様
http://ryusoku.com/archives/4325397.html

ゴールデンタイムズ様
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51890259.html

ハムスター速報様
http://hamusoku.com/archives/8735334.html

などなど。

この他にも沢山のまとめサイト様に取り上げて頂きました。

とてもありがたいです(-人-)

前回のゴキブリグミ()を作ってスレ立てした時よりも反響が大きかったです。

また、

Screenshot_2015-03-02-07-05-35

まとめブログリーダーというアプリの24時間人気ランキングの下の方にも出てきました。

更に、Twitterなどでも拡散されていました。

嬉しかったので、その反応を以下にまとめてみます。

  • どんだけ暇なの
  • 趣味で持ってるような変態がいるのが日本
  • おーぷんクオ…………クオリティ高っ!!
  • ゴキブリは何から型をとったのか
    • ゴキブリからだろ
      • ※2.3 ワロタ
  • この1絶対金持ちだわ
  • 完成度高過ぎィ
  • くだらなすぎて、ほんわかした
  • デイリーポータルZでやれ
  • 暇にも程がある。日本はまだまだ大丈夫だと思いました。
  • すっっっごいヒマなんだね くだらないことしてないで働けよカス
  • これ笑ったやつwww
  • もしや一企業の機構屋さん?でしょ。
  • 高い技術や能力を使用してどうしようもないものを作成する
    これこそ正しい技能の使用方法
  • シリーズ化希望
  • 異常なまでに本格的
  • ワロタ
  • この行動力・・・
  • 問おう。終わった後果てしない虚しさに襲われなかったか?
  • 無駄に大掛かり
    無駄なクオリティ
    もったいない行動力
    遊びとしちゃ楽しめそうだけどやっぱもったいない行動力だよなw
  • 今年の才能の無駄遣いスレはここかもな
  • 無駄に大掛かりだと思ったら、やっぱりゴキブリの人かwwwww
  • 大仰な工程とショボい完成品の落差がひどいwwwww
  • こういうスレ建てる人って みんな何かしらの凄い機械持ってるよね
  • みんなこんなのには賛同するんやな 女の私からしたらしょうもないとしか言えない
  • オレはこんな馬鹿を心底尊敬して止まない!
  • だれも突っ込まないけど
    スキャンするなら最初に計測する意味なくね?
  • わけがわからないよ
  • こういう人大好き。結婚して下さい。
  • 友達のお姉さんがフライス盤?ていう機械持ってるけど30万近くしたって言ってたよ
    ソフトも20万だかって言ってたし、この手の趣味の人って初期にお金かけるベクトルがとんでもないなあ…
  • 色が汚すぎる
  • ベースのホワイトチョコに黄色系が入ってるから、単純に青系混ぜるだけだとにごってしまうのは仕方ない。
    塗料の混色時の微細成分の影響ってのは馬鹿にできないから。
  • いいね! こっそり原寸大のものも作っておいて「両方チョコでした」ってのをして欲しい
  • やばい、このシリーズもっと見たい!w
  • またこいつかw
  • いいなぁ 俺もローランドのSRM-20買おうかレーザー加工機にしようか迷ってる
  • フライスの削り出ししないでそのままシリコン流せばいいんじゃないかとか思った
  • 才能と機材の無駄使いや
  • うーん友達になりたい!
  • 技術力wwwwwwwwwwww CNCつかっとるし
  • 異常なまでに本格的
  • パンのあれと言われてあれかな?と思ったら案の定あれだった。
  • なぜだろうか?すごくクオリティが高かった! TVが面白くないのはきっと>1が製作者じゃないからだな
  • なんか淡々としててかわいい
  • 料理スレとみせかけた工作スレ
  • おーぷんって人は少ないけどスレは面白いものが多いな
  • 家にフライス盤がある男はモテる
  • ゴキが精巧すぎて何で型をとったのか(震え声
  • ネットは面白いなあ。
  • 壮大w 無駄にw
  • ゴキブリの人だったか懐かしいな
  • こういう良スレ久々に見たわ
  • え、なにこのひと大好き←
  • いいスレだったw、、ホント無駄な天才は楽しいw
  • くだらなすぎて笑った 最初のマイクロノギス使ってる辺りでおかしいなと思ったけどまさかCNCが出てくるとは
  • わざわざおーぷんでやるのは誰かに依頼でもされてんの?
  • 愛すべき馬鹿とはこのことだな
  • 三年に一度あるかないかの良スレ…レスの流れもヨカタ…ヨカタ
  • しょうもないのはその通り
    だがそれがいい
  • すごい機械使えるのにチョコ作りちょっとミスって謙遜するとこがかわいい
  • スゴいんだけど、何故コレを?もっとチョコにしたら面白いアイテムが他にもあるだろうに何故コレを?という疑問と不満を片隅に最後まで見ていたらジワジワ来たwバッグクロージャー。この絶妙に地味なアイテムのチョイスにセンスを感じた。アーティストさんかな?
    次回作にも期待。
  • 超どうでもいいがそれが良い
    良いスレ見たわ
  • 凄い
    もっと他のも見てみたい
  • 久しぶりに心躍る記事を見た
  • かっこいい…
    女だったらほれるわ

 

中には以前作ったゴキブリグミの事を覚えていて下さった方もいて、それは本当に嬉しかったです。

また何か作ったら、スレ立てしたいと思います。

ではまた(^-^)/

 

===========================

追記

人気記事5位

一流まとめサイトのハムスター速報様にて人気記事5位になっていました。

まとめサイトにまとめて頂くと面白さが格段にアップしますね。

この記事をテレビで見たとか、ヤフーのトップに載っていたという情報が寄せられました。マジすか。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

『パンのあれ』をチョコで作った話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

IMGP5062

先日、「パンのあれ」(=バッグクロージャー)を大きくしまして、その続きです。

 

前回作った大きな「パンのあれ」を型として使って、「パンのあれ」をチョコレートにしたいと思います。

(そのままの大きさだと小さすぎてチョコレートで作れませんでした)

IMGP5064

まずは、食品用シリコンを用意します。

IMGP5077

2つのシリコンの液を同じ量混ぜると固まります。。

IMGP5069

あまり良い入れ物が無かったので、僕の弁当箱の蓋を使う事にします。

大きなパンのあれを並べます。

IMGP5128

シリコンを流し込みます。

IMGP5092

一晩置くと、型が出来上がりました。

IMGP5103

続いてホワイトチョコレートを溶かします。

IMGP5125

パンのあれの色を出すために、食品用色素(青)を混ぜます。

ここで注意ですが、普通の食品用色素は水に溶けるタイプなので、チョコレート=油には溶けにくいです。

チョコレート用を使った方が良いと思われます。

IMGP5139

鍋に湯を沸かして、ボウルで湯煎します。

IMGP5155

シリコン型に溶かしたチョコレートを流して、冷蔵庫で冷やします。

IMGP5151

完成したのがこちら。

IMGP5158

元の「パンのあれ」と比べるとこんな感じです。

 

…何やってるんだろ。

ではまた(^-^)/~

 

この作業プロセスをおーぷん2ちゃんねるという掲示板に書き込んだ所、多くの反響がありました。

『パンのあれ』をチョコ化した話のTwitterなど反応まとめへ続く

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

ちゃんぽんうどん的な物を作った話

標準

どーも( ´ ▽` )ノ岡本です。

先週の日曜日に作った「ちゃんぽんうどん」らしきものを公開したいと思います。

IMGP4980

「人参」を切ります。

IMGP4981

「人参」を茹でます。

IMGP4984

「豚肉」と「ちくわ」と「黄ニラ」を切ります。

「黄ニラ」というのは私の地元岡山の名産品で、高級食材らしいです。

以前、秘密のケンミンショーという番組で岡山県民は「黄ニラの握り寿司」が大好きといわれていました。

しかし、岡山県民のはずの僕は黄ニラの寿司をいまだに食べた事がありません。

でも、黄ニラは美味しいですよ。

IMGP4987

「人参」が茹で上がりました。

IMGP4989

「人参」、「豚肉」、「ちくわ」、「黄ニラ」を炒め、軽く塩コショウを振ります。

IMGP4992

スープはこの賞味期限がやばい「味覇(ウェイパァー)」のみを使用しました。

お湯に味をみながら足していく感じで量は適当です。

IMGP4993

うどんも茹でておきます。

IMGP4997

完成。

こんな所で、ではまた。

 

———

(追記)

味覇は、クックドゥー香味ペーストでも代用可能です。

その場合、湯200ccに対し、香味ペースト大さじ1くらいです。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

ナンを作った話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

突然ですが今日は『ナン』を作りたいと思います。

某有名レシピサイトの色々なレシピを参考に、部分的に自己流を混ぜております。

 

なぜか初心者ほど自己流でやりたがりますよね。

まねするのは危険と思われます。『まぜるな危険』ってやつです。はい。

 

量は3~5人分なると思います。

まずは材料↓↓

強力粉:250グラム

玉子:1個●

プレーンヨーグルト:25グラム●

サラダ油:小さじ1.5●

塩:小さじ1●

砂糖:小さじ2●

バター大さじ2.5

重曹:小さじ半分

ドライイースト:2グラム

牛乳:100cc

人肌くらいのお湯:50cc

IMGP4576

まずはボウルに●を入れ、よく混ぜます。

混ざったら強力粉を入れて混ぜます。

ドライイーストをお湯で溶かしまます。

お湯は40度を越えるとイースト菌が死ぬので、人肌ぐらいが良いです。

IMGP4580

ドライイーストとお湯を混ぜたものと、重曹、牛乳を入れてまた混ぜます。

IMGP4581

サランラップに包み、温かいコタツの中で1時間放置しますと、

IMGP4587

異常に膨らみました。

IMGP4591

『ナン』っぽい形にして、180度のオーブンで15分焼きます。

くっつくと嫌なので餅取粉をまぶしてます。

IMGP4594

はい、完成。

カレーは普通のカレーですが、野菜をみじん切りにしたのと合いびき肉を使いました。あとニンニクチューブを3センチくらい投入すると、ナン用のカレーっぽくなりました。

肝心のナンの味は、意外にもちゃんと『ナン』っぽくなりました。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)