超簡単肉玉うどんを作る

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先週の土曜日、肉玉うどんを作りました。超簡単に出来るのでオススメです。

この作り方は昔カラオケ店でバイトしていた時に作り方を覚えた物で、カラオケ店ではとにかく簡単に素早く完成されられるメニューが多くていい勉強になりました。

以下は一人分の材料です。

冷凍うどん 1玉
ネギ 適量
肉 適量
玉子 1個
白だし 30cc ※
水 170cc ※

まず多めの湯を沸かし、冷凍うどんを茹でます。解凍できたらザルに上げ冷水でしめ(洗い)ます。

IMGP4224

と、見せかけて、今回はレンジでチンするだけで出来る冷凍うどんだったので、レンジでやってます。

IMGP4227

次にネギを刻みます。

IMGP4232

次に※を混ぜ、鍋で温めます。白だしとは↑の事です。途中、肉と生玉子を適当に入れます。

IMGP4238

汁とうどんにかけて出来上がり。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

面白い年賀状(するめーる)を買ってみた

標準

どーも(^-^)/岡本です。

IMGP4239

和歌山南漁業協同組合様の『するめ~る』という商品を買ってみました。

http://wakayamaminami.com/menu/surumeru.html

この商品はスルメの年賀状です。

僕がこちらの「するめーる」の年賀状を買わせて頂くのは今回で2年目ですが、前回、送った人には大変評判が良かった(ウケた)ので、今年も買わせて頂く事にしました。

5枚入りで1,150円(記事掲載時点、切手代別)と、ちょっとお値段張りますが、幸いにも(?)、僕は年賀状の枚数が少ないので問題になりません。例年でさえ少ないのに、今年は携帯電話に入れていた友人の住所録が消えてしまい、輪をかけて少なくなりました。

こちら僕が買ったときは代金の支払いは後払いとなっていまして、払い込み伝票が同封されていました。

IMGP4243 IMGP4242

「するめ」の年賀状と言うと、配達時に色々な人が触って汚いんじゃねと思いがちですが、ちゃんと真空パックされていて安心です。

IMGP4244

更にビニール製の封筒に封入します。

IMGP4246

宛名とメッセージを書くためのシールが入っているので、ビニール封筒の上から貼り付けます。(本当は貼付ける前に宛名とかメッセージを書いた方がいいと思います。)

IMGP4248

封入してシールを貼るとこんな感じ。するめがやや反っているので、全体的にもやや反ってしまいました。

IMGP4247

裏側から見るとこんな感じになり、スルメが丸見えになります。

食べ物なので、冷蔵庫に入れて保管し、12月25日以降に投函して下さいと注意書きがありました。

別途92円切手が必要になりますが、この年賀状を送るとFacebookやTwitterのタイムライン上で、正月に友人達が一斉にするめを焼き始めるという現象を見ることが出来ておもしろいです。

こんな年賀状はいかがですか?

 

どうでも良い話ですが、するめーるを買った後、『かもめーる』という言葉を見ると、カモメが伸(の)されてハガキにされてる姿をイメージする様になります。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

イオンモール岡山が出来たけど、イオンモール倉敷のお客は減ったか?

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先日、僕が住んでいる岡山県岡山市に『イオンモール岡山』が開業し、以前のエントリーでその模様をリポートしましたが、その後ちょっとした疑問が浮かびました。

『イオンモール岡山』が出来たので、『イオンモール倉敷』のお客さんは減ったんじゃないか。

イオンモール岡山が出来るまで岡山市にイオンモールはありませんでしたが、隣接する倉敷市には以前から『イオンモール倉敷』がありました。

同じ系列店なら、ターゲットとする客層は被ってる可能性があるので、今『イオンモール倉敷』に行けばガラガラなんじゃないか。というわけで、『イオンモール岡山』が開業して約一週間後の12月13日(土)昼過ぎ頃に確認のため、行ってみました。 続きを読む

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

ダイソン(Dyson)、アップル(Apple)のパッケージデザイン考

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先日、スマホの電源ボタンを押したら、引っ込んだまま戻らなくなりまして、修理とか大変でした。

まあ、そんな事はどうでも良いのですが。

 

最近、商品のパッケージに興味を持っています。

物を買っても商品のパッケージはすぐに捨てていがちですが、調べて見れば、なかなか奥が深くて面白いです。

たまたまダイソン(Dyson)様の掃除機を買う機会がありましたので、捨てる前に写真を撮って記録しておきました。

ダイソン様のプロダクトデザインは本当に素晴らしく、プロダクトデザイン「かくあるべし」という教科書みたいです。そして、もちろんパッケージデザインも同じように素晴らしいです。

 

ダイソンの掃除機のパッケージデザイン

IMGP4133

こちらがパッケージの上から。白い背景にフルカラー印刷。表面処理はマット(光沢なし)にしている様です。

一般的に家電のパッケージ(梱包)は、ダンボール色(黄土色)に単色刷りが多く、その方がコストが安いはずですが、パッケージにもこだわっているのが分かります。

内容は商品の写真と最小限の文字のみで、情報量はかなり少なく、整理されている印象です。

材質はダンボールなので、多少クッションの役割も果たすと思います。

IMGP4130

側面も同じく写真と最小限の文字のみの印刷でした。

こちらも情報は最小限で構成されています。

 

一方、反対側はうってかわって情報量が多いです。

注意書きや、バーコード、リサイクル識別マーク(プラ、ダンボール)や、配送時のケアマーク(横積禁止、壊れもの、水濡れ防止など)、シリアルナンバーなども表示されています。

リサイクル識別マークの表示は義務なので表示しなければなりません。

 

IMGP4142

こちらは背面です。背面も情報量は多く、ジェームスダイソンさんのメッセージや、技術の説明などがあります。

面白いなぁとの思ったのがこの面だけ横向きになっている事です。

一個上の写真に『横積禁止』のケアマークがあるのですが、この面を読もうとして、この面の上側を上に向けると、禁止されているはずの『横積』になるという罠。

IMGP4134

パッケージを開けるとこの様になります。裏側も表側と同じ様に白色にすることも出来たはずですが、裏面は一般的なダンボール色になっていました。

緩衝材などは使われておらずエコです。

 

Apple iPadのパッケージデザイン

続いて、こちらもプロダクトデザインやパッケージデザインのお手本、世界のアップル(Apple)様のiPad with Retina Displayです。

IMGP4163

パッケージ正面から。背景の白地にフルカラー印刷で、表面処理はマット、商品のイラストのみです。

前述のダイソンよりも更に情報が少ないです。

さらに、iPadのイラストも、ほぼ真横から見たイラストになっている為、ほとんどが余白です。iPadとその薄さのみを訴求したデザインです。

もしかしたら、ディスプレイの視野角の広さも表現しているのかもしれません。

箱の材質も変わっていて、厚紙と思われます。ダンボール比べるとクッションとしての働きは期待できそうに有りません。電子機器なのに。

でも高級感は抜群です。

捨ててしまったのですが、これの更に外箱があったので緩衝材としてはそちらがメインなのかも知れません。

 

IMGP4166

側面にはただ『iPad』の文字のみ。反対側も一緒です。

IMGP4164

裏側には多少情報が有りますが、ほとんど余白です。

表示が義務付けられているリサイクル識別マーク、物流上必要なバーコードは付いてます。

しかし通常、バーコードは白地に黒ではっきりと印刷した方が読み取り率が高いはずですが、薄い色で印刷されています。

また、バーコードの大きさは規格で決まっていますが、かなり小さい気がします。何よりもデザイン重視という感じがいかにもAppleらしいです。

箱は蓋部分と底部分に分かれた、ギフトの箱などに良く用いられる組箱といわれる形状です。

高級感がある形状ですが、電子機器ではあまり見られません。

 

 

と、こんな感じで、ダイソン、アップルのパッケージデザインは共に白を背景にして、シンプルで分かりやすい所など、似たところも多いですが、それぞれに特徴的な工夫も見受けられます。

また、面白いパッケージデザインがあれば紹介していきたいと思います。

 

——-
追記

▼その他のパッケージデザイン考↓↓

ミラーレス一眼(Nikon 1 J4)を買った&パッケージデザイン考

今更ながらiPhone5cを買った事とパッケージデザインについて

▼自分でパッケージデザインを作った話↓↓

素人の僕がオリジナル商品『鼻の穴皿』のパッケージ(化粧箱)を作った記録

 

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

「軽め食事」や「重い料理」はどのくらいの重さか

標準

どーも(^-^)/岡本です。

突然ですが、

軽めの食事」や「重い料理」など、食べ物を“重さ”に例える事は良くありますよね。

IMG_20140705_120807
(この写真は参考画像です。)

実際に「どのくらい重いか」を考えた事はあるでしょうか?

続きを読む

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

イオンモール岡山のプレオープンに行って来た

標準

どーも(^-^)/岡本です。

今回も岡山ネタを紹介したいと思います。

12月5日(金)、岡山駅の目の前に、イオンモール岡山が開業しますが、この場所はかつてトレハロースで有名だったバイオ企業、林原様の本社がありました。

hayashibara_cm

↑林原様の参考画像

しかしその後の林原様の倒産により、岡山駅前でありながら広大な敷地が売りに出され、そこにイオンモールの出店となった訳です。

その規模は中国・四国地方最大級との事で、イオンモール岡山の出店が決まってからというもの、地元の経済誌は「どうやって迎え撃つか」という記事を毎号特集し、ローカル番組でも「開業による渋滞予測」のニュースを何度も取り上げ、とにかく地元・岡山はイオンモールの話題で大騒ぎなのであります。

この様に岡山県民注目のイオンモール岡山でプレオープン(ソフトオープン)があり、グランドオープン(12月5日)に先駆けてイオンモール内を見て来ることが出来ました。

続きを読む

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

のど自慢(神回)の観覧に行ってきた

標準

どーも(^-^)/岡本です。

この日曜日に「NHKのど自慢」が地元・岡山県の備前市(びぜんし)に来ました。

たまたま当選ハガキを譲ってもらったので行ってきました。

(実は親戚が「のど自慢」に出場できるかもとの事で、応募していた物ですが、その親戚は出場出来なかったので回って来た物です)

IMGP4017

のど自慢の当選ハガキがこちら。

後で聞いた話だと倍率は6倍だったとか。

 

今回の会場となっている備前市は岡山県の東南の端にあります。

兵庫県と瀬戸内海に接していまして、焼き物の「備前焼」が有名な場所です。

bizenshi

地図だとこのへん。

会場へは車で向かいます。

IMGP4043

会場は海沿いの運動公園です。

途中、船が見えます。

IMGP4044

駐車場の看板にあの『のど自慢』のマークです。

この看板を見て「あ、本当にやっているんだ…。」と思うくらい周辺はめちゃくちゃ静か。

IMG_20141130_111108

会場の運動公園はかなり広いです。

すでに車がたくさん駐車してあり、のど自慢が行われる体育館からは離れた場所に車を停めるはめに。

IMG_20141130_111309

屋台も出ていました。

IMG_20141130_111444

開場待ちの列です。

受付を済ませたら、この列に並びます。

まずは受付をするようにとのアナウンスが流れますので、ハガキを受付に持って行きます。

IMG_20141130_111658

当選ハガキを受付に出すと座席の券と交換してもらえました。

僕は開場ギリギリ(11時半)に受付をしましたが、受付は9時からやっています。

僕の席は2階で、あまり良い席では無かったので、恐らく早く行った方が良い席になると思われます。

受付が済むとちょうど開場になりました。

 

体育館の中に入ります。

IMG_20141130_111741

エントランスには記念撮影スポットと、あの鐘があります。

IMG_20141130_111921

お土産コーナーまであります。

IMG_20141130_112241

体育館のホールの中での撮影は禁止との事でしたので、エントランス側から中を撮ってみました。

セットが組んであります。

この日のゲストは石川さゆりさんと声優の水樹奈々さんでした。

会場内では、水樹奈々さんのファンと思われる若い男性と、のど自慢のファン、もしく石川さゆりさんのファンと思われる年配の方々が大半でした。

あとは出場者の応援の方々かな。

今回は出場者は歌が上手い方が多く、普段なら合格になりそうな方でも不合格になった様にも思われました。

そして、この回の『のど自慢』は、神回だったという事で、まとめサイトなどの各種ウェブ媒体様でも話題になっていました。

のど自慢が神回wwwwwwwwwwww
http://alfalfalfa.com/archives/7663072.html

NHK「のど自慢」優勝の可愛すぎる女子高生・伊丹美保子ちゃんがネット上で話題
http://getnews.jp/archives/711675

NHK『のど自慢』に声優を目指す岡山の女子高生出演 → 歌がうますぎて視聴者驚愕!水樹奈々さんもビックリwwwwww
http://blog.esuteru.com/archives/7954593.html

これらの記事にもある通り、女子高生の伊丹美保子さんが優勝で今回の『のど自慢』は幕を下ろしました。

そして、今回「のど自慢」を観覧に行って分かった事があります。

  • 出場者を応援する横断幕は、事前にチェックを受ける(ポケモン等の版権キャラクターや、宣伝とか描いてたらNGになると思われます。応援に行かれる方は注意して下さい)
  • 合格の鐘を鳴らす方が、合格不合格を判断している訳ではない(別室で合格不合格を判断してイヤホンで指示を受けるそうです。)
  • 生中継の終了後、優勝者はもう一回歌える。
  • 生中継の終了後、ゲストが2曲づつ歌う。

水樹奈々さんや、今回優勝した女子高生・伊丹美保子さんの歌っている時、水樹奈々さんファンの方々は異常な盛り上がりを見せていました。

その時、年配の方々は、ドン引きしていたり、大爆笑していたりしていて、その温度差がなんともカオスな雰囲気を醸し出していました。

伊丹美保子さんは声優志望との事ですので、頑張って欲しいです。

ではまた。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

デイリーポータルZ様の記事のお手伝いをさせて頂いた事と、勝手にデイリーポータルZ様グッズを作った話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

超一流記事サイトのデイリーポータルZ様にて「勝手にグッズを作りたい」という記事が公開されています。

スカパー様のグッズを勝手に作るという趣旨の記事です。

実は、この記事内のキーホルダー作りをお手伝いさせて頂きました

僕もデイリーポータルZ様の大ファンですので、記事のお手伝いをさせて頂けるなんて、こんなに嬉しい事はありません。

 

キーホルダーを加工する

kansei_image

デザインは林様に送って頂きました。交通安全にウケました。

IMG_20141114_201234

僕は通常、材料は余った切れ端を使う事が多いのです。

しかし、デイリーポータルZ様のキーホルダーを切れ端で作るのは流石に気が引けます。

キラキラの新品アルミ板を使います。

この輝き!

IMG_20141115_143944

しかし速攻でミスってしまい(左側)、空いている場所(右側)で作り直します。

結局、切れ端から作るハメに…。

IMG_20141116_093110

削り出しが完了すると、上の様に削った部分には工具の通った後(ツールマーク)が残ります。

酸に浸けてツールマークを消します(もっといい方法も有るのかも知れません)

 

勝手にデイリーポータルZ様グッツを作ろう

酸に浸けている待ち時間に、『勝手にスカパーのグッツを作る』という企画に乗っかって、

勝手にデイリーポータルZ様のグッズを作ろう!

という事で、やって行こうと思います。

アルミではなく、こちらは木材を加工して作っていきます。

まずは、色が濃い木材(今回はローズウッド)と色が白い木材(今回はハードメープル)を使います。

ローズウッドは紫檀とも呼ばれて、仏壇とか高級家具とかに使われます。

ハードメープルはよくギターの材料として使われる木材で、どちらも堅くて丈夫です。

フライス加工にも向いていると思います。

しかしローズウッドは絶滅危惧種に指定されているらしく(?)、あまり売っている所がありません。

手に入りにくい木材です。

IMG_20141116_103100

どちらも薄い板を使いますが、板をフライス盤で削って薄くします。

IMG_20141116_120636

接着剤で貼り付けます。

しかしここで問題が発生。

板を薄くしたからか、板がそれぞれ反ってしまい、接着剤が上手く付きません。

接着剤が付かないと上手くいかないので、作り直します。

IMG_20141116_131542

今度は板を薄くするより前に貼り付けて、その後薄く削りだす事にしました。

切れ端同士を貼り付けます。木工用ボンドはちゃんと乾けばかなりの強度になるはずです。

IMG_20141116_134051

十分乾いたら、余計な部分をノコギリで取り除きます。

ここから、上のハードメープルを、下の紫檀の所まで削っていき、併せてデイリーポータルZのロゴ(サイト上から拝借)を削り出します。

削っている途中、「t」が取れるというアクシデントが発生。

更に「t」は他の加工屑に埋まって行方不明になります。

必死の捜索も虚しく、見つかりませんでした。

「t」の所の接着が不十分だったみたいです。

IMG_20141116_155918

仕方が無いので、もう一度「t」だけ作りました。

上の写真の「t」は作り直した物です。

IMGP4005

接着剤で「t」だけ貼り直しました。

これグッズというか結局なんだろう?・・・ただの板です。

 

キーホルダーが完成

IMGP4007

そうこうしている内に、キーホルダーのツールマークが消えてきました。

これでキーホルダーの方も出来上がりとします。

「デイリーポータルZ様の板」を含め、デイリポータルZ編集部様にお送りします。

ちゃんと使える物が出来たのか不安でしたが、記事にして頂けて良かったです。

実は他にも色々とご迷惑をおかけしたんですが。

(実際の記事内では、ここから更に色を付けて頂いて、昔のキーホルダー感が出ていました。)

こちらのキーホルダーを使っていただいたデイリーポータルZ様の記事

スカパー様でも同じく記事になっていましたスカパー様の記事

個人的にはスカパー様の記事内に出てくる林様のパソコンのステッカーが気になります。

今回はこんな所です。

ではまた。

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

ヤフー株式会社様の「課題解決エンジン賞」を頂いたので授賞式に出席した話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

先日、ヤフー株式会社様の「課題解決エンジン賞」を頂きまして、授賞式に参加する為、またまた東京に行っていました。東京に行くのは10月末からの1ヶ月間で4回目です。

IMG_20141119_091612 IMG_20141119_091804

再び岡山駅から新幹線で移動します。
続きを読む

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

マッシュアップアワードというコンテストに「原寸大・実物大」を応募した話

標準

どーも(^-^)/岡本です。

急に寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

以前、僕が作った「原寸大・実物大」(http://realscale.net/)を、マッシュアップアワードというプログラミング(?)コンテストに応募しました。

その後、1次審査を通過の連絡と、ヤフー株式会社様の「課題解決エンジン賞」を受賞したとの連絡を頂きました。

そして、2次審査のプレゼンテーションのためにまたまた東京に行ってきました。

ちなみに東京に行ったのはこれで3週連続(1回目の記事2回目の記事)です。

実は僕、昔多摩センター(↓)に住んでましたが、

tamacenter

多摩センターに住んでる時でさえ、こんな頻度で都心に行った事なんかありません。

とはいえ、大変ありがたい事です。

再び岡山から東京へ向かいます。

IMG_20141108_122703

今回も新幹線です。

1次審査通過の連絡が有ったのが前の週の土曜日でした。

土曜日から日曜日にかけて雑貨大賞で東京にいたのでプレゼンの準備は出来ず、更に平日は仕事だったので結局全然準備出来ていません

IMG_20141108_130411

新幹線の中でプレゼンの準備と、ブツブツと小さい声で練習をします。

幸い隣の席は空いていました。

プレゼンに際して「プレゼン用のノートパソコンは各自で用意してください」との事でした。

しかし僕はプログラマーなのにノートパソコン持ってないので、父の滅茶苦茶遅いネットブックを借りてきました。

パソコンがプレゼン中に動かなくならないか本気で心配です。

IMG_20141108_162726

なんとか新幹線の中でプレゼンの準備を終える事ができました。

会場の東京カルチャーカルチャーがあるお台場に到着です。

IMG_20141108_163418

迷いながらも会場に到着。

あれ?カーテンが閉まってるんですけど…。

恐る恐る開けてみます。

後で分かったのですが、僕みたいに、自分のプレゼン時間のギリギリに来たりする人は少なくて、皆さん最初から参加されていたみたいです。

IMG_20141108_173515

中はこんな感じでした。

皆さんの服装はカジュアルな感じです。

最初プレゼンをすると聞いた時に「“かぶりもの”か“きぐるみ”でも着て出ようかな」と漠然と思ってました。

しかし、Youtubeで何年か前のマッシュアップアワードを見た所、そんな感じではなく「あ、これふざけてたら怒られるやつだ」と思って、ネクタイを締めてきたのですが、そんな人は誰もいません。完全に浮いてます。

ツイッターで悲痛な叫びを上げる僕。

ustr

いよいよプレゼンで緊張しています。

プレゼンはカンペを読み上げるだけになってしまい、面白い事も出来ませんでした。

プレゼンの後、株式会社トヨタIT開発センターの方が来て下さいました。

その方によると、技術調査で「原寸大・実物大」を以前、見て下さっていて話題に上がったそうです。

そして、その「原寸大・実物大」を僕がプレゼンし始めたので、わざわざご挨拶をしてくださったとの事でした。

嬉しかったのでその場で「この話ブログ記事にしても良いですか」と聞いてしまいましたf(^-^;)

 

プレゼンが終了した後には、懇親会がありました。

持って来た名刺を全て配ってやろうと思いましたが、半分くらいしか配れませんでした。

名刺交換をさせていただいた方の中にニフティの方もいらっしゃいました。(会場の東京カルチャーカルチャーはニフティ様の運営)

「先々週、ニフティのデイリーポータルZの方々とお会いしました。()」という話もしました。

その方は「え!?」というリアクションでした。

ネタとして「鼻の穴皿」(↓)を持って行ってましたが、

IMGP3768

「原寸大・実物大」よりウケた気がします。

懇親会終了後、ホテルに帰ります。

実は、3週連続東京となりますと流石にお金がなくなってしまいました。

1回目はシティホテルで、2回目はビジネスホテル。3回目の今回はカプセルホテル(↓)です。

1415454049650

翌日は東京で買い物でもしようかなと思っていましたが、朝5時に目が覚めてしまいました。

店が開くのが10時だとすると、あと5時間待つのもなあ。と思い朝6時くらい品川発の新幹線で岡山に帰りました。

そして、今回ヤフー株式会社様の「課題解決エンジン賞」を頂いたので授賞式に出席するため、この10日後にもう一回東京に行きます。4回目(爆)

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)