3Dプリンタで「緊急用ホイッスルカード」を出力して貰った話

DSC_3782
標準

どーも(^-^)/岡本です。

emargency_wistle_card_cg

今回は、プラスチック射出成型での作成を目指している「緊急時にホイッスルになるカード」を、3Dプリンタで作成してみた話です。

そもそも、この「緊急時にホイッスルになるカード」は、折曲がる(ヒンジ)構造があるので、3Dプリンタでは作る事が出来ません。

そのために、プラスチック射出成型にて作成していた物です、

しかしながら、色々と検証しなければならない事がありまして、検証の為、3Dプリンタで出力してみる事にしました。

ただ、僕は3Dプリンタを持っていませんので、3Dプリンタで出力してくれるサービスを利用しました。

CADのデータを送るだけで良いので簡単でした。

初めて3Dプリンタの出力サービスを利用しましたが、意外と安くて3000円位で作って貰えるのですね。

 

そして、

DSC_3782

届いた物がコチラ。厳重に梱包されていました。

僕は3Dプリンタで出力された物を触るのは初めてかも知れません。作品を見たことはありましたが。

 

DSC_3784

袋から出すとこんな感じです。

意外といいですね。3Dプリンタで出力した積層のシマシマ模様がありますけど、製品としても遜色ないです。

あえて言えば、写真では分かり難いかも知れませんが、少し反りがある様です。

あと、普通のプラスチック製品には無い、形容が難しい強い臭(にお)いがあります。なんでしょうね。あえて言えばベンジン系みたいな臭いです。

 

そして、このカードは折り曲げる事によりホイッスルになります。

早速折り曲げてみましょう。

DSC_3785

はい。想定通り割れました。

3Dプリンタは積層で形を作りますから、曲げる前に割れてしまいます。

ヒンジを作る事は出来ませんね。

DSC_3787

割りながら折り曲げていき、ホイッスルにするとこんな感じです。

反りが有るので、隙間から空気が抜けます。

指でしっかり押さえて空気が漏れない様にすれば、音はなりました。

一応、これで検証はOKです。

 

現場からは以上です(^-^)/~

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です