タイの怪談メー・ナーク・プラカノンの舞台ワット・マハーブットへ行き、タイ映画『愛しのゴースト』を見た

DSC_0572
標準

どーも(^人^)岡本です。

先日のタイ旅行でワット・マハーブットというお寺に行っていました。

 

ワット・マハーブット

ワットマハーブットはタイでは有名な心霊スポットです。

DSC_0571

DSC_0573

タイ人なら誰もが知っている怪談メー・ナーク・プラカノンの(プラカノンのナークお母さん)の舞台です。

メー・ナーク・プラカノンとは、難産で死亡した女性「ナーク」が、夫「マーク」を愛する余りにお化けとなって現れ、プラカノンの村に災いをもたらしたという話です。

DSC_0572

タイでは実話と考えられていて、ワット・マハーブットにはナークの肖像画が飾られていました。

日中で明るかったですし、人もたくさんいたので怖くはありません。

 

映画「愛しのゴースト」

そして、その怪談メー・ナーク・プラカノンを元にした映画『PEE MAK』がタイで絶大な人気となり、日本でも『愛しのゴースト』という題名で公開されました。

折角ワット・マハーブットへ行ったので、その『愛しのゴースト』をレンタルして見てみました。

正直あまり期待して無かったですが、結論としては、めちゃくちゃ面白かったです。

コメディであり、ホラーであり、ロマンスでもある映画です。オススメです。

見る前に知っておくと良いタイ語

また知っておいた方がより映画を楽しめるタイ語があります。

」はタイ語で言うと「ピー・スア」と言います。

ピー」だけですと「お化け」という意味になり、「スア」は「上着」という意味です。

 

peemak

ナーク役の女優さんは、肖像画とは髪型以外あまり似てませんでしたけど。

 

今回はこんな所で。ではまた(^-^)/

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です