タイの屋台で売っている虫とサソリを食べてみた

DSC_1525
標準

どーも(^人^)岡本です。

DSC_1476

突然ですが現在、タイの海沿いのパタヤという町に居ます。

タイの道沿いにはたくさんの屋台が出ていますが、

DSC_1525

サソリを売っている屋台を発見しました。

DSC_1527

面白そうなので早速、注文してみます。

DSC_1526

注文すると、油で揚げてくれます。

DSC_1529

揚げたてをビニール袋に入れて渡してくれました。

付け合せにネギが入ってます。

DSC_1533

いただきます。

意外と変じゃないかもしれない。

DSC_1537

DSC_1542

まずは、バッタかイナゴだと思われるこちら。20バーツ(70円くらい)。

脚はカリカリで、

胴体は非常にすじっぽくて、口に繊維がいつまでも残ります。

稲を揚げたらこんな感じになるのかなと思います。

味付けは醤油っぽい感じで、悪くありません。

DSC_1543

何かの幼虫かサナギだと思います。こちらも20バーツ。

カリカリというよりはフニャフニャで、食感は柔らかいです。

バッタと同じようにすじっぽくて、いつまでも口に残ります。中はスカスカです。

味付けは同じ。

DSC_1545

最後に、サソリです。

サソリは滅多に取れないとの事で、少し高くて100バーツ(360円くらい)。

毒は無いのかと少し不安ですが、タイ人が食べて平気なら大丈夫なはず。

殻が固くて、カニの殻を揚げたらこんな感じだと思います。

こちらも同じ味付けでした。

 

昨日の夜に食べて、一晩明けましたが、異常はありません。

とりあえずこんな所で、ではまた(^‐^)/

 

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です