オリジナルミニ四駆を作れるか、まずは普通のミニ四駆を買って検証した話

DSC_1764
標準

どーも(^-^)/岡本です。

僕はCNCフライス盤を使って色々な物を加工したりしていますが、CNCフライス盤を使えばオリジナルのミニ四駆のボディが作れるかもしれない。

 

という訳で、今回はオリジナルミニ四駆が本当に出来そうか、売られているミニ四駆を買ってきて検証します。

DSC_1764

模型店に行き、今でもミニ四駆って売ってるんだなと思いつつ、その中でも異彩を放つミニ四駆パンダを買いました。

DSC_1766

箱を開けるとこんな感じ。電池は入っていません。

DSC_1768

パーツは以外と少ない。

DSC_1783

組み立てたらこんなになりました。ドライバーのパンダが良い感じです。

 

作ってみた感じだと、これをCNCフライスで加工するのはちょっと骨が折れそうな感じでした。

インターネットで調べた所、フライス盤ミニ四駆のパーツを作っている人や、3Dプリンタオリジナルミニ四駆のボディを作っている方は居ましたが、フライス盤でボディを作っている人は(調べた限りでは)居ませんでした。

やっぱり難しいのかな…。

気が向いたらやってみたいと思います。

 

とりあえず今回はこんな所で。ではまた(^-^)/

オカモトラボ
チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンで「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。DPZ新人賞佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

オリジナルミニ四駆を作れるか、まずは普通のミニ四駆を買って検証した話」への1件のフィードバック

  1. All right you are right, genuinely PHP is a open source and its assist we can get free from any forum or web page since it happens here at this site.
    Legendario.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です