新幹線車内販売のアイス(スジャータ)が硬すぎるので溶けるまでの5分毎を記録した。

標準

どーも(^-^)/~岡本です。

先日新幹線に乗った時に車内販売のスジャータのアイスを買ったのですが、硬すぎたので5分ごとのアイスの硬さの変化を記録しました。

 

5分毎の硬さの変化

購入直後

かなり力を入れてスプーンを押し入れるが、全く歯が立ちません。

少し凹んだ程度です。

 

購入後5分経過

キラキラとした霜の様なものが付着します。

アイスの硬さはほぼ変化が感じられません。

 

購入後10分経過

少し刺さる感覚が出てきましたが、まだまだ硬いです。

 

購入後15分経過

めちゃくちゃ刺さります。かなり力が必要ですが、すくう事が出来そうです。

 

購入後20分経過

アイスの中央部はまだまだ硬いですが、周辺部は随分と柔らかくなっています。

 

購入後25分経過

中央部もかなり柔らかくなり、すくう事が出来ました。

 

購入後30分経過

 

 

購入後35分経過

どろどろと溶けてきています。

スプーンがほぼ抵抗なく入ります。

 

 

購入後40分経過

 

購入後45分経過

食べ物と言うよりもはや飲み物という感じです。

 

まとめ

という事で、新幹線の車内販売のスジャータのアイスは、15分ごろから少し硬いがすくえる様になり、20分~30分頃が食べ頃、35分までには食べ終えた方が良いという結果になりました。

 

何かのご参考になれば。とりあえず今回はこんな所で。では(^-^)/~

 

 

=========================
(追記)

こちらの文章は「ハイエナズクラブ自由研究コンテスト2017」で赤祖父さん賞を受賞しました。


オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。 DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です