ラ・ムー、ディオの298円弁当の研究

標準

どーも(^-^)/岡本です。

岡山県を中心に西日本で展開しているディオ(DIO)とラ・ムー(LAMU)、らむ~・マートという同系列のスーパーがありまして、そこの弁当が安くてクオリティが高いので僕の中で話題です。

以前、激安の198円弁当を全種類まとめましたが、もう100円プラスした298円弁当もあります。

198円弁当ほどの衝撃はありませんが、やはり値段に対してかなりのポテンシャルを持っていると思うので、可能な限り全て網羅してまとめました。

298円トンカツ弁当(ソース)

まずはこちら。トンカツ弁当です。トンカツの肉はとても柔らかくお世辞抜きに美味しいです。たった100円のアップでクオリティは別次元です。

写真では分かりにくいですがトンカツの下にはキャベツの千切りが敷いてあり、ほうれん草の胡麻和え、ポテトサラダ、たくあんが添えられています。

トンカツ弁当は比較的多くの店舗で見られ、レア度は低いと思われます。

 

298円おろしトンカツ弁当

先ほどのトンカツ弁当のソースがおそしソースに変わっただけの亜種ですが、トンカツ弁当同様に、肉は柔らかい上に油が乗っていてとても美味しいです。

このおろしソースはその名の通り、大根おろしが入っていますが、少し酸味があり通常のソースよりもあっさりしています。僕はどちらかと言えば、こちらのおろしソースバージョンの方が好みです。

このおろしソースバージョンは少しレア度が高く、置いてある店ばかりではありません。

 

298円チキンカツ弁当(ソース)

トンカツがチキンカツに変わった以外は同じですが、トンカツに比べてこちらのチキンカツはボリュームが凄いです。それ以外のおかずはトンカツ弁当と違いはありません。

トンカツ弁当(ソース)と同じくらい多くの店舗で見られる事から、レア度は低いと思われます。

 

298円おろしチキンカツ弁当

こちらは先ほどのチキンカツ弁当の亜種で、おろしソースのバージョンです。チキンカツ弁当と同じボリューム満点のチキンカツが鎮座していますが、おろしソースがあっさりしているので、ペロッと平らげました。

置かれている店舗は限られている様なのでレア度はやや高いと思われます。

 

298円チキン南蛮弁当

こちらはメインのおかずがチキン南蛮になっているバージョンですが、それ以外のおかずに違いはありません。甘酢餡とタルタルソースがかかっています。ちょっとタルタルソースが少ない気がします。

これも比較的多くの店舗で取り扱われているのでレア度は低め。

 

298円鯖の塩焼き弁当

次はこの鯖の塩焼き弁当です。初めて見た時の衝撃は忘れられません。どうですかこの鯖の塩焼きの大きさ!でも鯖の塩焼きは大きさだけではなく、脂が乗っていて滅茶苦茶美味しいです(ただし鯖の品質には個体差がある模様)。

ポテトサラダがなく、代わりに筑前煮が入っていますし、見えにくいですが、鯖の下にはきんぴらも入っています。

あまり見かける事はないのでレア度は結構高め。

 

298円カレイの甘辛揚げ弁当

メインのおかずのカレイの甘辛揚げは美味しいです。ポテトサラダの代わりにきんぴらが入っているパターンですが、コロッケと玉子焼も入っています。

レア度はかなり高く、あまり見かける事はありません。

 

298円鮭の塩焼き弁当

残念ながらメインの焼き鮭はパサパサしていてイマイチでした。しかしこれにも恐らく個体差があるのでもっと美味しい焼き鮭弁当もあるはずです。

ポテトサラダがなく、きんぴらが入っているパターンですが、ほうれん草の胡麻和えと配置が逆です。

メインのおかず(焼き鮭)に加えてコロッケも入っています。あとコロッケ用と思われる小袋のソースが入っていました。しかし同じくコロッケが付いていたカレイの甘辛揚げ弁当にはソースは付いていなかったので、ソースが付く基準は謎です。

これもどの店にも有る訳では無さそうなので、レア度は高いと思われます。

 

まとめ

ラ・ムーやディオでは、とかく198円弁当ばかりが注目されがちですが、298円弁当もかなり凄いです。

198円弁当のトレイが基本的に黒っぽい色で統一されていたのに対し、298円弁当は赤色のトレイで柄も高級感があり、なおかつ派手でした。

 

また、198円弁当について以前調査を行った結果は、こちらをご覧下さい↓↓
ラ・ムー、ディオの激安198円弁当の研究

 

 

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です