アーケードゲームのジョイスティック(JLF-TPRG-8AYT-SK)を手に入れた🕹

標準

どーもo(^o^)Φ岡本です。

インスタレーション(体験型展示)的な何かを作りたいと思い、ヒントになるような物はないかと調べていた所、

Amazonで、ゲームセンターでよく見るアーケードゲームのジョイスティックが売られているのを見つけました。

 

こんな専門的な物まで売っているんですね…Amazonは本当に何でもありますね。

 

という事で、何に使うかも決めずに、衝動買いしてしまいました。

届いたジョイスティックがこれです。

ゴージャス感があって良いかなと色は金にしてみましたが、写真に思いっきり自分が写り込みます。

そして、この佇まい…ただそこに存在しているだけでワクワクして、意味も無くガチャガチャ動かして遊んでしまいます。

これですよ、これ。このワクワク感こそインスタレーションに必要です。

 

写真ではあまり伝わらないと思いますが、このジョイスティックが目の前に有ったら、ガチャガチャしてみたくなりませんか?

 

説明書は入っていませんでしたし、ネットにもちゃんとした情報がありません。自分で動作を調べます。

ピンは5本(写真手前)あります。

ピンがあるほうが下なのか上なのか、それとも、それ以外なのかすら分かりませんが、テスターで動作をチェックしてみたのが以下の様な感じです。

赤い矢印方向に倒すと、赤くなったピンが導通(電気が通る)状態になるようです。いわゆる普通のスイッチです。図にはないですが、斜め方向に倒すこともできます。

しかしジョイスティックだけだと使えないので、ブラケット(固定用金具)を固定するケースを作ります。

 

多少乱暴に扱っても壊れないようにアクリル板の厚さ3ミリを使います。今までは2ミリを使うことが多かったです。

カットしたところ。

組み立てるとこんな感じ。やはりアクリル板は3mmだとかなりしっかりした印象です。

ケースがあるとちゃんとガチャガチャ出来ます。

裏から見るとこんな感じになりました。

 

続きます。とりあえず、今回はこんな感じで(^-^)/~


オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。 DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です