【発売前】オリジナルマインド社製の卓上射出成型機の超速レビュー

標準

どーも(^-^)/岡本です。

最近、当ブログに「個人向け射出成型」で検索して来られる人が急に増えていまして、個人で射出成型の時代が来ているのかもしれません。

そしてちょうど先日、オリジナルマインド様へお邪魔させて頂き、今度オリジナルマインド様から発売される個人向けの卓上射出成型機を触らせていただきました。

その時の使用感などを、

僕が使っているLNSテクノロジーズ社製の「PIM-SHOOTER 150A」と比較しながらレビューしたいと思います。

まだ発売前なので仕様変更が発生する可能性もあるとの事ですので、あくまで参考程度に。

オリジナルマインドの社員さんに「発売日前の製品なのに写真を撮らせて頂くなんて、本当に良いんですか?」って聞いたのですがすでにワンフェスで出ているので大丈夫との事らしいです。

まず、オリジナルマインド社製射出成型機のひと目で分かる特徴は、バレル(プラスチック原料を加熱する部分)が横向きになっている事ですね。

この構造は恐らくいくつかの理由があって、まず、横向きになっている事により、圧倒的にコンパクトでした。PIM-SHOOTERはアメリカ製なのでアメリカンサイズになっていて、日本の住宅事情に合わず保管場所に割と困ります(笑)

金型はこのようにセットしますが、横になっているので、金型のセットと取り外しがスムーズに行えました。プラスチックを加熱すると、溶けたプラスチックが鼻水みたいに垂れてくるのですが、横である故に垂れる量が少なく無駄がありません。(逆に全く垂れないと今度はプラスチックが十分に温まったか分からないので良い感じです)

少し溶けたプラスチック(黒いやつ)がノズルからちょっと出てきていますが、こうなればプラスチックが十分に加熱されている事が確認できます。左の銀色の飛び出たやつは万力で、射出の時には締めて金型を固定します

また金型を置く台座は位置(座面)が調整できるので、金型のサイズに合わせて調整すると、金型のセットと取り外しの作業が楽でした。

3Dプリンタで出力するのと違い、射出成型を使うメリットは大量生産にありますので、こういう細かい動作に配慮されているのは嬉しいですね。

制御盤の様子。

下の数字がバレルの設定温度で、上の数字が現在のバレル温度。プラスチックペレットの種類に応じて適切な温度が異なるのでここで設定します。アメリカ製PIM-SHOOTERは温度表示が華氏(℉)なので滅茶苦茶ややこしいのですが、当然摂氏(℃)で表示されます。

 

 

PIM-SHOOTERに付属していた金型を、オリジナルマインド社製射出成型機を使って射出させてもらいました。

オリジナルマインド社製射出成型機で射出したカエルのルアー。

こちらは以前、PIM-SHOOTERで射出していたカエルのルアー。(成功は左)

色が違いますが両方ともポリプロピレンです。

あとPIM-SHOOTERは安定のためにかなりの重量(30kgくらい?)がありますが、オリジナルマインド社製の射出成型機は機械の重心へ向かって体重をかけるので重さがなくても安定していました。そのため軽量という点でもメリットがあります。

 

あと金型を余熱するために、僕はホットプレートを使っていますが、

金型を余熱する機械の試作品もあったので、あれが発売されたらすぐ欲しいです。(細かく温度設定もできるっぽい)

 

まだ細かな仕様は決まっていないとの事でしたが、かなり完成度が高かったです。僕は射出成形機が既に有るので購入予定はありませんが、気になる方は今後の続報は要チェックじゃで!

あと、これだけ便利な射出成型機が国内で買える様になれば、KitMillで金型を削り、この射出成型機で大量生産という流れが完成しますね。

「個人で大量生産」の時代が本当に来る!さすがはオリジナルマインドさん!

 

提灯記事っぽくなってしまったけど、とりあえず今回はこんな所で(^o^)/~

 

オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。
DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

【発売前】オリジナルマインド社製の卓上射出成型機の超速レビュー」への1件のフィードバック

  1. 唐澤

    射出成形部品製作を営んでおります。
    興味深く拝見いたしました。
    板もの(薄物)の成形というのは本業の我々でもけっこう難しいのです。
    わずかな空間を樹脂が冷えて固まる前に樹脂を流し込む必要があるので
    圧力だけではなく、スピードが必要となります。
    ハンドプレスタイプではスピードのコントロールが出来ないため
    かなり難しいテーマとなってしまいます。
    一方、テストで造られていたルアーのような肉厚がしっかりあり
    ボテ肉のようなもののほうが、ハンドプレスには向いているかもしれません。
    試行錯誤をされながら、頑張っていらっしゃるご様子に
    エールを送りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です