【シャー芯アート】芯・ゴジラを作る(その4) Making a GODZILLA by mechanical pencil lead #4

標準

どーも(^_^)/~岡本です。

シャーペンの芯で、シン・ゴジラを作る話の四回目です。

前回のブログの記事を見てくれた友達から、「だんだん面倒臭くなってるでしょ」と指摘されました。「面倒臭い」なんて一言も書いてないのに、行間から見透かされますね。

しかしながら、僕が途中で面倒臭くなるのは、いわば毎回の予定調和なので、

面倒臭そうにしている所も楽しんで頂ければと思います。

 

さて本題ですが、前回まででは

こんな感じでした。

 

尻尾を長くしていきます。

シン・ゴジラは今までのゴジラと比べて尻尾が圧倒的に長いのが特徴です。

更に太くしていきます。

 

写真だと形状が分かりにくいので、動画で。

足の付け根と太もものボリュームがちょっと足りないかな。

 

という事で、脚周りを中心にどんどんボリュームと密度を増やしていきます。

別角度から。

うーむ、やっぱり写真だと、ただの黒なので、奥行きが分かりにくいですね。

 何か良い方法を考えなくては…。

とりあえず今回はこんな所です。では(^-^)/~


オカモトラボ
自称個人Maker & 底辺プログラマ & 時々Webライター。チョコで「パンのあれ」作りました。ヴィレヴァンとAmazonでオリジナル商品「鼻の穴皿」販売中。スマホアプリ&ウェブサービス公開中。たまに他のサイトへ寄稿もしています。 DPZ新人賞2014&2017佳作/日本おもしろ記事大賞佳作/ヤフー課題解決エンジン賞受賞/ものづくり文化展「面白いで賞」「KitMill賞」受賞ほか。(⇒もっと詳しく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です